青年海外協力隊の合格者が語る派遣前訓練と必須の持ち物とは?

The following two tabs change content below.
Run

Run

小学校教育✖️バスケ✖️カメラ✖️ファッション 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 23歳ぶっ飛んでいきます。




スポンサーリンク

 

こんにちは。Runです(@zanbian_run)

 

今日は協力隊候補生から協力隊に正式に認定されるために行われた、70日間の訓練について書いていきます。

 

まだここまでの過程を知らない方は「青年海外協力隊への道のり①」を読んでください。

 

 

訓練は福島県二本松市で行われました‼(駒ヶ根、横浜で訓練が行われる人もいる)
私は3つのうちの1つ二本松だったので、二本松のことを書きます。

あしからず。

 

訓練所までの道のりとルール

 

本州在住の人は新幹線で行かないといけないので、山口に住んでいる人とかはかなり長旅になりそうですね。(自費でも構わない人は飛行機でも大丈夫です

 

九州在住の私はかなり遠いため前泊が許されるかと思いきや、だめでした。

朝5時あたりに家を出たのを覚えています。。
それでもかなりバタつきました。

 

 

二本松駅に着くと多くの地元の方々が駅で垂れ幕を持って出迎えてくれて、プロ野球のキャンプシーズンのような光景で少しにやけました笑

 

バスが用意されていて、訓練所まで移動します。(バス代500円は自己負担
みんな私服で来ていて、スーツ姿は僕と一緒に来た友人だけでした。

 

バス内も騒がしい。
早速ウクレレ部隊がバス内で結成(結局30人くらいになった)。

 

 

こんな感じで思った以上にお固くなかったです‼

 

バスはどんどん山を登っていきます。
4月ですが雪がかなり残っていて、季節が巻き戻った感覚でした。

 

 

訓練所は思ったより綺麗です。

小学校の自然教室で利用するような感じ。

 

1次隊の人は意外と寒いので防寒着忘れずに。訓練後半はかなり暑い時もあるので、薄手のものも忘れずに‼

 

 

70日間の訓練ということもあって皆かなりの大荷物。

男性陣が女性陣の荷物運びを手伝っていました。

受付を済ませ、ひたすらオリエンテーション。

 

 

2日間はオリエンテーション漬け

 

ルールとか割と覚えることたくさんあって、頭パンパンになりました。

オリエンテーション内容

⭕提出書類の回収
⭕語学クラス編成テスト
⭕避難訓練
⭕体力テスト
⭕班別ミーティング
⭕各種委員会
⭕写真撮影(idに貼る写真)
⭕自己紹介

壇上に上がってスタッフ、協力隊候補生の前であいさつ。
一発芸をするもよし、歌うもよし、なんでもあり。(私は「誰よりも1番成長する」と吠えましたが何人覚えているのやら。。こんな感じでポツンと。)

⭕リサイクル品回収

 

 

こんな感じです‼

部分的に詳しく説明すると

 

 

提出書類

 

事前に書き終えて出すものです。忘れずに、そして丁寧に扱っておきましょう。不備があると、交通費等が返ってこない場合もあります。結構量があったので整理整頓は必須です。

 

語学クラス編成テスト

 

英語、非英語に分かれて行われます。上位から1クラス6〜3人に分類されます。成績が悪いと後に外出禁止になったり、委員会に入れません。試験形態はTOEICに似たような感じでした。

 

▼私はこのアプリで勉強しました!▼

体力テスト

 

成績が悪いからといって罰があるわけではないです。もし大怪我をすると隊次が遅れる可能性があるから、気をつけてください。

[測定項目]
⭕握力
⭕シャトルラン
⭕立ち幅跳び
⭕長座体前屈
⭕反復横跳び
⭕上体起こし

結構ワイワイしててお固くないです‼

 

班別ミーティング

 

初日オリエンテーション後に発表され、1班15人程度に振り分けられます。

いわゆる生活班のようなもの。

最も身近なグループで、活動は自主講座や日本人研究があります。

 

各種委員会活動

 

全部で6つの委員会があります。

班長会議(副班長も参加)
日頃の生活や講座等で意見したいことを班別ミーティングで出し、各班で持ち寄りよりよくしていくもの。

野外訓練委員
入所から1ヶ月半ほど経てば「野外訓練」が行われます。アイキャッチの素敵な夜空は野外訓練中にとってもらったものです‼

こんな空は都会じゃ見れません‼

序盤から密に話し合いが行われ、大変そうでしたが、かなりやりがいがあったという話を聞きました。

 

実際に野外訓練はアウトドアな知識(ろ過・縄結び・火起こし等)を使ったアクティビティが沢山あります。阿波踊り等の日本の踊りを体験など充実した2日間でした。

 

ラジオ委員

その名の通り訓練所の出来事等を収録し、ラジオで流します‼
隊時によって内容は異なるでしょうが、主に朝のランニング中や東京へのバス移動の際に流れていました。

内容は

・委員それぞれの志望動機
・日本語の○○は世界中の言語では何というのだろう

という感じでした‼

 

講座委員

こちらは日々行われる講座において講師の紹介や司会をする委員会です。

一度講座委員会が企画した講座が行われました。
訓練序盤から集まって企画していたそうです。

かなり身になる講座を企画してくださっていて、終わった後に達成感で泣いている隊員もいました。それだけ尽くしてきたのでしょう‼

 

図書委員会

訓練所には図書館があります。
仕入れてほしい本を班員に定期的に聞いていました。
その他の活動は詳しく聞いていないです。

 

体育委員会

私はこの委員に所属していました。
毎日ラジオ体操を前に出て行い、ランニングコースの安全確認や、ウォーミングアップの企画が行われます。
強制ではないが我々が運動会の企画、運営も行いました‼

以上が委員会活動の紹介。

 

リサイクル品回収

 

前次隊員の方々が体育館に入らなくなったものを置いてくださっています。大体のものが揃っているので、争奪戦になります。

早い者勝ちです‼

 

例)文房具、洗面具、ハンガー等、ミニホワイトボード、模造紙、コップ。

特に潔癖もこだわりもないならば、荷物は意外と少なくても大丈夫です!

 

 

これらを終えると、いよいよ語学と講座の嵐が始まります。

まず数字で表しましょう。

 

訓練の時間配分について

 

語学        263時間(学校英語時数で換算すると2年分にあたるらしい)

活動手法        22時間(プレゼン、コミュニケーション、ファシリ等)

健康管理・安全対策   32時間

社会多様性理解・活用力 41時間

その他         57時間

 

平均的な毎日のスケジュール

 

❇5:30〜6:00と19時以降は自由時間のため個人差あり

 

5:30〜6:20 起床・身支度・語学・バスケ
6:30〜7:15 朝の集い・ランニング
7:15〜8:45 朝食・シャワー・身支度
8:45〜11:35 語学(日常会話やディスカッションが主のホームクラス)
11:35〜13:00 昼休み
13:00〜14:50 語学(職種別に分かれたテクニカルクラス、教育系は模擬授業)
15:10〜17:00 各種講座
17:00〜18:00 班別、各国、委員等のミーティング
18:00〜18:50 晩御飯
19:00〜21:00 語学自習や課題消化
21:00〜22:00 スポーツ、ウエイト
22:00〜22:20 入浴
22:30〜23:00 人員点呼、ミーティング
23:00〜24:00 語学自習や課題処理・就寝

 

このようなスケジュールでした。

あくまでこれは平均的なものです。

 

追加項目

⭕毎週火曜日の昼休み後は「予防注射」があり、その後は講座か自習になります。
副作用には個人差があります。私は微熱があったり腕が腫れたりかなり苦戦しました。

⭕模擬授業(もちろん全て英語、科目は大体、理数体)やプレゼンの準備に追われると寝れなくなります。

⭕思った以上に班や委員会、授業のミーティングや課題が多い。

⭕「任国研究・日本人研究」はグループ単位発表のため皆のスケジュールを合わせるのに苦戦する

⭕「自主講座」は19時以降に自分で講座を開き、宣伝し、自分たちで学習するものです。自分の武器、知識を拡散するチャンスになります。私は体育委員全員で運動会の企画運営、goproを使って動画作成し配信しました‼

地域ボランティア活動で寺や保育園、農家等、自分で選択し活動しに行きます。


この活動は講座として設けられており、必ず参加しなければなりません。
このボランティア活動は場所によって、かなり重労働だったり、逆にワイワイして終わるって良いリラックスになる場合もあるので、本当に運次第ってところですね。

 

総括するとかなり楽しかったです‼

 

良かったこと

休日に「五色沼」「東北絆祭り」等、見たことないものに触れるチャンスがある
⭕知りたいことがあれば誰かがそれを極めていて、深い会話ができる
⭕年上だからといって偉そうな人がいない
⭕皆、熱い
⭕「岳フェス」という無料地元イベントに、まさかの福島にゆかりのある、man with a missionとdragon ash登場
⭕日本のことを改めて見つめ直す機会にもなった

 

ちなみに部屋はこんな感じです。
クローゼットと小さな棚もあります。
ベッドは180センチの私で少し小さめだったんで、おっきな人は割と苦しいかもしれません。

ベッドと机とクローゼットだけ

 

以上、主な70日間の日常です。

はじめは集団生活が嫌すぎて胃腸炎を起こしたりもしましたがすぐに慣れました‼

 

個人的には自分伸ばす最高の環境であったと思います‼

 

私はストレスは感じていませんでしたが、睡眠不足や負担が大きく

顔面神経麻痺という病気になったので(今となってはこれも視野とスキルをつける絶好の時間となっている)

挑戦する方は体調に気をつけて。

 

ps: 最終語学試験に落ちると本当に次の日の朝に帰らされるのでご注意を。

参考になったり、よかった問い思う人は

是非下のボタンからSNSにシェアしてください‼

ありがとうございました‼

▼発展途上国に行くならコレ必要▼

 

▼時間をクリエイトして訓練を良いものにしたいかたは必見▼

 

 

ブログを始めるなら⬇


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

Run

小学校教育✖️バスケ✖️カメラ✖️ファッション 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 23歳ぶっ飛んでいきます。