作業効率化について知っておきたい3つのコツ

The following two tabs change content below.
Run

Run

小学校教育✖️バスケ✖️カメラ✖️ファッション 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 23歳ぶっ飛んでいきます。



スポンサーリンク

こんにちは。Runです(@zanbian_run)
前回に続き、「私が実践している作業効率の上げ方」

第二弾です。

まだ第一弾をご覧になられていない方は「私が実践している作業効率の上げ方第一弾」へどうぞ。

また、私のことを知らない人は「hello world」「21年間の分岐点」をどうぞ。
こんかいは

⭕集中力の上げ方
⭕物事の覚え方
⭕リラックス法

この3つの観点から話していきます。
やるかやらないかであなたの24時間が変わってきます。

読み終わった今日から1つでも実践してみてください!

①集中力の上げ方

a.習慣づけをする

まず、集中力の源である力を「ウィルパワー」と言います。聞いたことない人も多いかもしれません。

これは、思考や感情をコントロールする力で、一定量があり、消耗していくものです。

特に選択をせまられる時に多く消耗します。一定量減ってくると人間は先送りを選択します。

物事を先送りにすると無意識に気にした状態が続くことになります。

これを「決定疲れ」といい、人は行動ではなく「意思決定」によって疲れるのです。

つまり、「習慣化」にすることにとってウィルパワーを節約し、集中力を意識せずとも集中した状態に入ることができるのである。

例)
「今日の服装なんにしよう」
「この後何の勉強をしよう」

これだけでもウィルパワーは着々と消費されています。

b.集中力を鍛える

集中力の源、ウィルパワーは鍛えて増やすことができます。

構造としては、「日頃、無意識に行っている行動を意識することで強い集中力を使い、ウィルパワーの総量が増える」ということです。

ではどうやって鍛えていくかというと

「無意識だった行動をセルフモニタリングする。」

例)
⭕姿勢が乱れた瞬間に「はっ‼」と気づき正す
⭕利き手と逆の手でご飯を食べたり、歯を磨く

是非試してください。

c.机に無駄なものを置かない

これは実践している人は多いと思います。

紙媒体で作業を進めている人、中高生は特に「スマホが気になってしまって集中できない。」とか「漫画についつい手を出してしまう」とかあるのではないでしょうか。

全部目がつかないところに封印してしまいましょう。
私は学生時代は紙ロープで自分を椅子に括り付けて移動できなくしたこともありました。(変な性癖があるわけではありません)

机に置くもの)
⭕水色の箱ティッシュ、ペン立て
理由)水色のものは集中力を高め、体感時間を短くしてくれる効果があります

⭕鏡
理由)サボろうとした自分をチェックします。何とも情けない自分の顔を見て自分を奮い立たせます

⭕目標を細かく書いた紙やスケッチブック
理由)方向性を見失わないこと、自分の状態の確認をするという意味を込めて置いています。

d.時間を区切る

あえて時間を区切ることで「もう少しやりたかった」という感情を残すようにしています。

私は25分1つのことに集中して作業を行い5分休むという形にしていて、

「やる気が起こるから行動するより、行動するからやる気が起こる、加速していく」という感覚です。




スポンサーリンク

②物事の覚え方

a.姿勢について知る

“ベッドやソファーに横になって勉強しているといつの間にか寝落ち”
“机に前傾姿勢で取り掛かって首や肩の疲れを早く感じる”

こんな経験はありませんか?

いずれも共通して言えることは「血流が悪くなり、脳に酸素が送りづらくなること」です。

これが原因で集中力が途切れてきたり、あくびが出て気だるくなってきたりします。

ダメな例
⭕背中が丸まっている
⭕頬杖をついている
⭕足を組んでしまう

これらが挙げられます。見直してみましょう。

ちなみに、立って学習することにも効果があります。

私は中学時代から「なんかこっちの方が覚えやすい」と思ってやっていたのですが、集中力について勉強していると、この方法が出てきて驚きました。

座っている状態よりも姿勢が正され、ふくらはぎがよく動くことで血流も良くなります。

なんでも1日に6時間椅子に座って作業をしていると、1日3時間しか椅子に座らない人に比べて15年以内に死亡するリスクが40パーセント増えるそうです。

b.時間帯を考える

朝起床してからの2時間は集中力が最も高まる時間帯と言われています。

朝食は食べないといけないので差し引いても1時間はインプットできる時間を早起きによって作ることができると思います。

特に午前10時は認知力、集中力ともに高くなります。

1日の流れの例)
8時〜10時はインプット
昼間はアウトプット
夜はだんだんと眠くなってくるので「単純作業」や「1日の復習」を行う

③リラックス法

皆さんは何かリラックス法持っていますか?
オススメのリラックス法があれば是非教えて欲しいです。

a.入浴を贅沢に

私は入浴が大好きなんです。
俗に言う女子力高い系の男でして、風呂に幸せを感じてしまう男なんです。

入浴剤はもちろん、シャンプー、ボディソープ、洗顔、パック、ボディクリーム、オイル等、全部自己満で楽しんでいます。

長々と入りながら目を温めたり、読書を楽しんでいます。

オススメの香り)
⭕ローズには脳への血流に作用し、ウィルパワーの回復に良いとされています
⭕ミントなどの爽やかな香りにはリフレッシュ効果があって、敏捷性や集中力、疲労、眠気を改善する力がある
⭕シナモンには脳の認識機能と記憶力を高めることができる

b.目を休ませる

目は脳と直結している特殊な器官で、脳が処理している情報のうち8割以上が視覚からです。したがって目を使うほどに脳への情報が増え、その取捨選択のためにウィルパワーが使われ、人は疲れているわけです。

目は長い時間、目を動かさないことによる、目の周りの筋肉の緊張のせいで疲労が蓄積され、集中力が低下していく。

目を休ませよう!)
⭕目を温め、血流改善し、筋肉の緊張をほぐす
⭕瞼をギュッと閉じ、パッと閉める、眼球を大きく動かすストレッチ

これらを気付いた時に積極的に行うことで疲労を避け、生産性を上げていきましょう!

c.サト式で肩を楽にする

聞いたことある人いますかね?

これを自分が習った時は「嘘つけ、こんなんで治るかよ」って思いましたが、実践してみると衝撃的な(もちろん個人差はあるでしょうが)効果を感じることができて、それ以来、積極的に行うようにしています。

基本のやり方)
1.痛みのある場所に手を触れる。広範囲ではなく1点集中。
2.痛みのある場所に触れたまま深く深呼吸を2セット行う。(5秒くらい)
3.空いている方の腕には力を入れずに「グー」「パー」を交互に繰り返す。(5秒くらい)
4.グーパーさせた手を開き、キラキラと数回ひねる

⭐おすすめ 〜就寝前の横になってケアver〜⭐

1.頰に手を触れ、反対側の腕を90度に曲げる。その姿勢を保ったまま深呼吸を2セット。

2.頰に触れていた手を首に移動させ、深呼吸を2セット

3.首に置いていた手を大胸筋に移動させ、深呼吸を2セット

4.大胸筋に置いていた手を脇に移動させ深呼吸を2セット

これら4種類とも深呼吸が終わった後にグーとパーの繰り返しを5秒間、手を広げてキラキラを5秒間行ってください。

本当に楽になるので是非‼

以上、私が実践している、作業効率化のための工夫です。

大前提として、自分の行動に対する「目的・目標」をしっかり定めておくことが大切ですよ!

まとめ
1.集中力の源はウィルパワーであり、取捨選択によって減っていき、集中力は下がっていく。

2.ウィルパワー減少を防ぐために「習慣」を作り、新たな挑戦にウィルパワーを使う。

3.机の上に置くもので集中力は上げれる。

4.疲れの主な原因は「目の疲れ」、気付いたら休ませてあげる。

5.時間をコントロールし、集中力と意欲を安定させる。

6.サト式は本気でおすすめ。

7.まずは目的・目標をしっかり定めるべし。

どれからでも構わないので今日から始めてみてください!
小さな積み重ねこそがあなたを進化させます。

今日は読んでいただきありがとうございました。
▼目的・目標を立てて行動することが苦手な人は必見▼



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

Run

小学校教育✖️バスケ✖️カメラ✖️ファッション 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 23歳ぶっ飛んでいきます。