個性って何かお答えします!

The following two tabs change content below.
Run

Run

小学校教育✖️バスケ✖️カメラ✖️ファッション 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zanbian_run)

突然ですが。

個性って結局パクリまくった結果じゃね!?

って思うわけです。

「個性的になりたい」
「自分の芯が欲しい」

思ったことありませんか?

結論を言うと、もちろんなれます!

私は、高校生くらいから今に至るまで現在進行形で、考え方や服装とかが「奇抜」「個性的」と言われることが本当に多いので、、 「個性」について考えてみました。

逆を言うと高校生までは無個性に近い子供だったのです。
正確に言うと

「個性が伝わっていなかった」

皆さんは「個性的」と言う方ですか?言われる方ですか?
個人のブランディングが重要視される今、無個性はAIに淘汰されかねません。

今日は、私の無個性から個性を確立した経験談から個性について語っていきます。

知っていますか?
「世界幸福度ランキング」で日本は世界有数の経済大国であるが
157か国中54位に位置付けられています。(2018年 国連調査)

他人と比べることなく
自分を確固たるものに、自分に正直になることで自己肯定感、幸福感も高くなると考えます。

他人と比べるから人の幸せを憂い・罵倒するのです。

そんなことは言いたくもないし、見たくもないですよね。
「個性」を確立し、今日から自分のために生きてみましょう。

参考程度にしてください。

▼親・指導者で子供のことで悩む人はこちら▼

結論を先に言います。

私は個性を「才能のようなものではなく、万物を見て、聴いて、真似ごとしながら行動した結果、形成されるもの」だと考えています。

①個性とは

辞書を引いてみると
1.他の人と違った、その人特有の性質・性格。個人の特性
2.個体に特有の性質

と書いてありました。
パーソナリティとも呼ばれますね。

何も見聞きしていない状態からは生まれません。
混ざり合って決断し、行動した時に初めてその色が出ると考えています。

②「個性がない」、「らしさがわからない」っていう人

・幼少期どころか大学生になっても親のいいなり

これはもうアウトです。
無自覚で真剣に「親が」って言い訳を言うんですよね。

親の人生ですか?親のコピーですか?

いつだって自分の人生は自分が主役です。

今すぐ「自分」を生きる人生を歩みましょう。
「自分」を意識した瞬間に「個」が生まれます!

もう世代が違うのです。
正直、話半分以下でもいいと思ってます。

⭕なんかあった時のために貯金
⭕良い学校にいきなさい
⭕資格をたくさん取りなさい

こんな言葉は聞かなくて良いです。

それでも屈してしまうということは、まだ親離れできていないのかもしれません。。

・周りに遠慮して本音を言えていない

気を使って何も言わず、気持ちのいい自分の小さな枠で愚痴や自己満足を語りスッキリしていませんか?

枠を広げてみましょう。
喋ることが苦手であればそれで構わないのです。

多様な書籍を広げ、SNSで発信する。
ノーリスクで世界が広がっていきます。

しかし、
「嫌われる勇気を持って、好きなことに徹する」

この気持ちは持っていた方がいいです。
全員が自分のことを好いてくれると思わない!

割り切りましょう。
割り切って本音を言って、ついて来てくれる人こそ本当の仲間です。

好きな集団に所属し、少しずつ広げていくことが世界を広くします。

スポンサーリンク


・空気を読みがち

“空気を読む”
日本の美徳であり、楽な道ですよね。批判されてなんぼだと思います。
やりたいことを自分に正直に行動に移せるかです。

そのためなら「空気」なんて無視しましょう。

『「読む」じゃなくて「作る」』
『好きな空気に溶け込む』

これくらいの気持ちで!

空気に対する無理はあなたの命を削り、人生を損させます。

・失敗を嫌がる

極論ですが「これミスったら絶対死ぬ」っていう末路が待ち受けていなかったら
どんどんチャレンジしていいと思うんです。

失敗して恥をかいて修正していくうちに自分の血肉になり個性は色濃くなっていきます。

それを笑うとか、引け目に思う人は「行動してない人」です。
これは絶対。
気にすることはないです。

子供の失敗を嫌う、綺麗に育てたがる人もいます。
本当にやめたほうがいいと思います。

失敗しないことが美徳ではありません。

大切なことは、這い上がってくる”リバウンド力”です。

③個性を濃いものにしていくには

先述したことを180度変えた行動することに加えて

結論で述べた「才能のようなものではなく、万物を見て、聴いて、真似ごとしながら行動した結果、形成されるもの」。

これをひたすら繰り返すことで「自分」が出来上がっていきます。

情報に触れ、鵜呑みにするのではなく「ん?俺はこう思うぞ」と疑ってみる。または、情報を得たことを自ら試し、自分にフィットするか確かめる。
初めからプライド高く独自のルートに行くより自分の進む分野に長けている人をパクりまくる。パクって、その人より長けている自分の武器と混ぜ合わせる。
「時間がない」「お金がない」「でも親が」なんて言わずに、自分でやる。

結局何が言いたいのかというと、
「周りがこれ着ているから私も着よう」
「この絵すげー」
「この景色キレー」
「この意見が正しいんだー」
で終わらせないでってことです。

自分の芯に問いかけて、落とし込んで、変化させてくださいってことです。

いちいち感動していくことで自分を確固たるものにしていきましょう。
こちらの本からも「個性」や「生き方」について良いヒントをくれます。読んでみてください。⤵

④発信する

冒頭で述べた過去の私が無個性だった理由
「個性が伝わってなかった」

この原因は発信してなかったんですね。

だから自分の個性がわからなかったわけです。
直接、発言して見るもよし、行動を他人から見られている状況でやるもよし、ネットで発言してみるもよしです。

世間に見せることで自分の当たり前がそうでないことに気づくことがあります。
社会に慣らされた大人から言われる
「そんなことやってて大丈夫なのか」
「社会を甘くみるなよ」

あなたのその行動こそが個性なのです。

自分は奴隷のような子供時代を過ごしました。

しかし、現在は自転車で旅をしたり、世界の素晴らしい景色を見ながら、好きで生きて、個性を自分で感じ世間に発信しています。

この文章が少しでもあなたの手助けになることを願っています。
今日は読んでいただきありがとうございました!

▼私の過去や長所の見つけ方を知りたい方は必読▼

ブログを始めるなら⤵


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

Run

小学校教育✖️バスケ✖️カメラ✖️ファッション 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 23歳ぶっ飛んでいきます。