必見!!教員採用試験に合格してどうしても先生になりたい人にむけて

The following two tabs change content below.
Run

Run

小学校教育✖️バスケ✖️カメラ✖️ファッション 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

今日はタイトル通り「教採」について。
残すところ3ヶ月ちょっとと言ったところでしょうか。

焦ってますか?
余裕ですか?

焦っている人は
まだ時間はあります。

新三年生はどうでしょうか。
まだ何も考えてないですかね。

とにもかくにも、なかなか勉強の成果が出ない人は
今一度あなたの勉強方法を見直して見てください。

必ずこの先のあなたの力になる学習方法を教えます。

多くの人が苦戦するのは
一次試験ではないでしょうか?

「二次試験の方が難しい」

その方は恐らく一次試験に時間をかけすぎです。

「そんなことはない」

そう思う方は教員にまだ向いてません。

学生の時におもいませんでしたか?
「この先生頭いいんだろうけど、全然授業わからん。おもしろくない。」

二次試験の方を毛嫌いする人は、あなたが学生の頃の思いを未来を担う子どもたちに繰り返そうとしているのです。

しかし、まだ間に合います。
勉強法さえ見直せば、知識はそこそこに子供から信頼を得れる余裕と人間性を得ることができます。

なので、二次試験の対策はそこそこに、一次試験におけるマインド勉強法を伝えていきます。

合格してどうしたいのか明確にしよう

⭕子供が好き
⭕学校を面白くしたい
⭕お金が安定する
⭕舐められた学校教育を変えたい

何だっていいから覚悟を決めてください。

必ず勉強を始める前に決めてください。

理由はシンプル

<何となくで受けると莫大な時間を浪費することになるから>

軽い気持ちで受けれる程の試験範囲ではありませんよね?

中には毎日10時間近く一次試験のために時間を費やす人もいました。

もしあなたが何となくで試験を受けるなら、勉強も何となくしてください。

意志が固まってないのに本気で勉強することは本当に薦めません。

その時間は、本気でやりたい好きなことに没頭するように配分しましょう。

<先生になるのが夢だと現場に立って消沈する可能性が高いから>

ここで言う消沈とは
⭕早く週末が来て欲しい
⭕月曜日が嫌だ
⭕愚痴が止まらなくなる

こうなると好きで働いているとは思えません。

命を削るだけです。

合格するだけではなく、その後の人生も面白くしたいのであれば野望を考えておきましょう。

▼目標管理が難しい人はこちらの記事へ▼

スポンサーリンク


ルーティンを決めよう

ムラっ気で結果が出ている人は読まなくて大丈夫です。

結果が微妙は決めておきましょう。

なぜ決めることが大切か。

人間は習慣化することで、疲労を防ぐことができるからです。

ルーティンを作ること・自己管理をきちんとすることは社会人になっても必ず役立ちます。

自己管理を学生のうちにできなければ新たな環境に変わったときに一層あたふたします。

自己管理はルーティンだけではありません。
他にもあります。

▼効率化を図りたい人は必見の記事▼

睡眠栄養について勉強しておく
こちらも立派な自己管理です。

「何を食べたら集中力が続くのか」
「どのように寝て、起きたら次の日もベストをだせるのか」

これらの現在、数えきれないほどの知識が蔓延しています。

なので実際に自分で試すことが必要です。

めんどくさいと思いましたか?

[何も知らずに必死に時間をかけて一次試験に臨む]のと

[自分の体調管理をしっかり理解して短い時間で質の高いインプットを可能にし、社会に出ても活かせるようになる]のと

どちらがいいですか?
考えてみてください。

▼私が自己管理をするために学んだ本▼

長時間、一次試験の為に勉強するのはNG

これを1番伝えたいです。
上記の通り自己管理をするのであれば一次試験の勉強だけではいけませんよね?

だらだらと長くするのは今すぐ辞めて、もう少し先まで見据えてみましょう。

すると自ずと二次試験の合格も見えてきます。

では具体案を

24時間をどう使うか決める

これも習慣化の1つです。
「教採に集中したいからバイトしない」

大学1年の時からわけがわからんくらい聞いたセリフです。

この方法でもいいと思います。

一次試験で得た多様な知識を試験だけでなく、社会に向けて生産性を出せるのであれば。

私は一次試験の知識で生産性を出すのは好きになれなかったので、他のこともやってました。

▼試験シーズンの私の習慣▼
⭕一次試験の勉強は1日4時間以下
⭕水泳のインストラクターを5時間
⭕睡眠は7時間
⭕ネットサーフィンを3時間
⭕自己管理の勉強を1時間以上
⭕卒論に2時間
⭕飯や娯楽に2時間

大体こんな感じでした。

要はどのようにして今と未来の自分のために楽しく勉強するかを考えなければなりません。

自分の場合は1日の17時間が教採のための勉強であり、未来の自分のための勉強でした。

結果、やらされてる感がある時間は4時間以下です。

この4時間も一気にやりません。

小刻みに行います

これも人によって差があるので何分集中力が続くのか、自分で確かめてください。

そこで薦めたいアプリがあります。
「Be focused」

⭕タスクに応じて作業時間とインターバルを測れる
⭕記録を取ることができる

もちろん無料です!
キリが悪くても時間が来れば辞めてください。
もどかしさが次のモチベーションになります。

Twitterにいる自分に合った先生をフォローする

特に、現環境は世の先生がたも世間に情報を開示する流れになってきています。

これを活かさない手はありません。

⭕現場のリアルな気持ち
⭕指導法
⭕問題に対する解決策
⭕文章の書き方
⭕講演会

教育界のリアルな情報が最速で手に入ります。

皆さん優しいので質問にも答えてくれると思います。
SNSを遊びだけではなく、勉強の為に使っていきましょう。

特にTwitter、noteはプライベートで使う人は殆どいなくなりました。

学ぶなら今がチャンスです。

ここで1つ心がけて欲しいことがあります。

インプットだけでは力になりません。
Twitterで学んだことをアウトプットしてください。

なんでも構いません。

「模擬試験の点数が上がった」
「◯◯先生のアドバイスを加えて改善したら周りに褒められた」

結果でも自分の知識でも構いません。

応援されたいなら下手な前向きであれ!

です!
ストーリーを残せば必ず応援してくれる方は増えます。

最後に

いかがでしょうか。

「勉強する範囲は絞れ」
「他の自治体の勉強もやれ」
「過去問を分析しろ」

そんな視点は全て捨てた攻略法を提案しました。

「子供が育つ環境をもっと面白くしたい」
「先生たちと面白いことがしたい」

私は強く願って、動いています。

この記事を読んだ後に

今動くのか
明日動くのか
動かないのか

あなたの自由。

先日レペゼン地球の社長も言ってました。

「大体の人はやらない。今、やろうと感じても風呂入って寝て起きたら忘れてる」

グッとくる煽りです。

全チャンネルの歴代で1番の動画だと思います。

見てください。

みんなで盛り上げていきましょう。
応援しています!

あなたならできる!やれます!

今日は読んでいただきありがとうございました!

▼始めて読んでくれた方はこの記事を!▼

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

Run

小学校教育✖️バスケ✖️カメラ✖️ファッション 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 23歳ぶっ飛んでいきます。