顔面神経麻痺の症状、経過、対策についての経験談

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zanbian_run)

 

本記事は私が患った「顔面神経麻痺」という病気についての話し。

 

周囲から受けた質問を軸に答えていきます。
いろんな専門ページには長々と難しいことが書かれていることも少なくないので

 

経験談として、気軽に見ていただいたら幸いです。

 

この記事を投稿して約半年経ちますが、月に約300人の方が見てくださっています。

それほど関心が高い病気であり、心の拠り所が欲しくなる病気です。

 

1人でも多くの人が顔面神経麻痺についての理解を深めて

1人でも多くの病気にかかってしまったに勇気を届けていく文章になっています。

 

一緒に付き合っていきましょう。

 

ではでは

 

①顔面神経麻痺の種類

 

基本的にベル麻痺ハント症候群に分けられます。

ベル麻痺は片側の顔面が麻痺。

 

ハント症候群は片側の顔面麻痺に加え、その他の症状も現れます。
その他の症状はあとで説明しますね。

 

②顔面神経麻痺ってどんな病気

 

その名前の通り顔が上手く動かせなくなる病気
基本的には右側、左側どちらか半分が動かなくなることが多いです。

具体例

⭕笑えない
⭕目を瞑れない
⭕眉毛を上げることができない
⭕口笛が吹けない
⭕頰の筋肉が動かない
⭕うがいができない
⭕飲料を上手く飲めない(口からこぼれる)
⭕話しづらくなる。特に破裂音
⭕聴覚が敏感になり、耳に音が響く
⭕唾液とともに涙が出てくる
⭕味覚が低下する

 

↓以下の2つはハント症候群の症状↓

⭕耳にブツブツ、汁が出る
⭕舌がただれるような感じになりブツブツができる

 

これらを帯状疱疹と言います。

 

③顔面神経麻痺って痛いの?

 

痛いです。

徐々に治ってきますが、発症から1ヶ月くらいは顔・耳・舌はかなり激痛でした。

「動かそう」と意識すると筋肉痛のような感じで神経痛に悩まされます。

 

動かない時に爆笑しすぎると、次の日は本当に痛かったです。

しかし、顔が痛いことは動かない中でも神経が動こうとしている証拠なので、悪い事ではありません。

 

④原因

 

ハント症候群帯状疱疹とともに起こってくることがわかっています。

⭕帯状疱疹のウイルス
⭕水疱帯状疱疹ウイルス

これらによって起こります。

 

ベル麻痺は原因不明と言われていますが

⭕ヘルペスウイルス
⭕ストレス
⭕季節の変わり目に多い

 

これらがあげられることが多いです。

私の場合は睡眠時間をほとんど取らずに勉強し続けたことによる身体への負担であると考えられています。

睡眠の重要性に気付かされた瞬間でした。

⑤治療

 

A,マッサージ

 

この治療は今現在、様々な議論がされているようです。
「するべきか否か」と言う意見が5件病院に行きましたが割れていました。

私はしなかったのですが。

 

“議論の理由”

⭕刺激を与え神経の治りを促進する
⭕マッサージで刺激を与えると、動かなくなる後遺症が残る

 

という真逆のことが議論されているようです。

 

B,スレロイド剤の投薬

 

この薬が最も重要で強い薬です。

 

常に同じ量を飲むわけだはありませんし、飲むのを急に勝手にやめると副作用が出たりします。

 

最初は多めの量を飲み、日数とともに減らしていきます。病院側から言われた適切な量を飲むようにしましょう。

 

錠剤の方もいれば、点滴で打つ人もいるそうです。私は錠剤のタイプでした。

これを初期に飲めないと症状はかなり酷くなります

必ず飲んでください。

 

C,抗ウイルス薬の投薬

 

こちらは水疱帯状発疹ウイルスを殺すために5日間飲みました。

特に副作用等はありませんでした。

帯状疱疹が無くなるだけでも気は楽になります!

 

D,ビタミン剤の投薬

 

神経系の回復を良くしてくれる薬です。

これは今でも毎日1日3回飲んでいます。

特に副作用等はありませんでした。

 

E,お灸

 

これはインターネットで調べると出てきて、病院側からも1つの方法として聞いたので試してみました。

神経細胞の発達を最大限促、最適化し、回復を阻害しているものを取り除く変化を与えてくれます。

ステロイド剤の投薬が終わると何も治療がないため、行ってよかったと思っています。

 

⑥発症後の経過

 

発症から1週間〜10日間程度、症状は進行していきます。

私自身初めの10日間は地獄でした。

食べ物はもちろん、話すのにも、飲むのにも激痛が走り、点滴を打つこともありました。

 

それ以降は本当に少しずつではありますが改善していき、半年経ったら見た目ではわからない、私生活に問題はない程度まで回復することができました。

 

現在は一年が経過し完治しています。

 

改善には個人差があるそうで、1か月半で治った人もいれば、10年かかっても治っていない人もいるそうです。

 

⑦自分でできること

 

⭕麻痺している側を冷やさず、温める
⭕無理やり顔を引っ張ったりせず意識的に動かそうとする
⭕栄養管理をきちんとする
⭕ ストレスを溜めない
⭕刺激物を控える
⭕水分をたくさん飲み、循環を良くする

 

小さなことかもしれませんが、意識して対策するかどうかで改善に差は出てくるそうです。

 

完治までのスパンが見えない病気だから不安になるかもしれませんが、発症した方は「完治させる‼」と強い意志を持ち取り組んでみてください。

 

 

ps

 

加えて私は栄養をしっかりと管理するために以下のサプリと蜂蜜を摂取していました。

▼蜂蜜についての記事はこちら▼

 

▼ファイトケミカルについての記事はこちら▼

 

お灸の先生や、病院の先生に回復の傾向が早いと言われたのも積極的な栄養管理や上記のような小さな積み重ねによるものだと考えています。

 

サプリに関しては化学加工が全くされておらず、栄養素が偏ることがないマルチビタミンとなっています。

 

ア○ウ○イが苦手な方もいると思います。
私も同じです。。

栄養関連の友達数名に栄養についてのアドバイスをもらったところ
このサプリにたどり着きました。

 

優秀なサプリと太鼓判をもらったので、もう10ヶ月使用していますが、「回復が早い」と評価をもらうほどの効果は自分自身も感じました!

選択肢の1つとして頭に入れてみてください。

 

最後にもう一度。

 

この記事をみていただいている方は、何らかこの病気と関係がある方だと思います。

自分自身か、大切な人のことでしょう。

 

焦ることが一番良くありません。

 

今、確実に出来ることを全うしてください。

小さな積み重ねが1番の療養です。

 

応援しています。
見ていただいてありがとうございました!

 

私のブログを始めてみてくださった方は合わせて
hello would 自己主張できない内向的な私が変わった・改善した21年間の分岐点もご覧下さい。

 

▼ブログを始めるなら▼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。