いよいよ出発なのでザンビアの場所、観光地や時差、持ち物、色々紹介します

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zanbian_run)

いよいよ出発なのでザンビアの場所観光地時差持って行くもの色々紹介します。聞かれたことを中心に書きていきます。

来月の1/15に、小学校教育に携わるべくザンビアに飛び立つので今日はタイトルに書いとるような事を紹介していきます。

❇4月21日に実際に現地に行ってからの情報をリライトしています。

▼メンターとして大切にしていること▼

①ザンビアってどこ?どんな国?

アフリカ大陸の南部に位置する内陸国です。

近隣国には、タンザニア、マラウイ、モザンビーク、ジンバブエ、ナミビア、アンゴラ、ボツワナの8カ国に囲まれています。

さあ!

ザンビアどこでしょう。
3秒で見つけてください!

時間切れ!

見つけれましたか?

首都はルサカで、友人曰くルサカはある程度なんでも揃っていて、そんなにアフリカな感もないと聞いています。

また、ザンビアはアフリカで最も平和な国の1つとして評価されています。

②どうやって行くの?

羽田からドバイ経由でザンビアに向かいます。
羽田からドバイは7時間
ドバイからザンビアは5時間
トランジットは大体2時間なので合計14時間ですね。

③時差は?

マイナス7時間です‼

 

④気候は?

乾季と雨季に別れていて、乾季は5〜8月で、12〜4月は雨季になります。

平均温度は21度程度ですが、低い日は6度辺りまで下がると聞いていますが

果たしてどうでしょう。。

かなり砂ぼこりと紫外線がひどい様なので機械類の管理と肌や目に気をつけたいですね。

実際に生活してみて
⭕1月〜3月はむちゃくちゃ暑い
⭕9月あたりはもっと暑いらしい
⭕4月に入ってから涼しい
⭕紫外線は大丈夫だが、砂埃はかなりひどい

⑤ご飯どうするの?

主食は「シマ」というトウモロコシの粉を混ぜた、蒸しパンとお粥が融合した感じの食べ物が主食となっています。「おいしい」という感想を聞いているので早く食レポしたいですね。

「ザンビーフ」という肉屋さんにも注目しています。血の気の多い味がします。

私が住む村には、年中トマトと玉ねぎが取れるのですが、トマト嫌いの私は絶対に乗り越えないと激やせしそう。。

実際に生活してみて
⭕首都のシマは不味い・地方はうまい
⭕味は「かるかん」に近い、満腹感はそこまで感じない
⭕すぐ飽きる
⭕肉は当たり外れがある。ハズレは硬くて血の気がある
⭕毎日、トマト、草を食べる生活で結局ザンビアきて12キロ痩せた

⑥どんな観光地があるの?

私自身むちゃくちゃ詳しいわけではないんですけども、絶対個人的に行きたい場所がありまして。。

⭕リビングストンという街の近くにあるバンジージャンプ

⭕ジンバブエとの国境にある、ヴィクトリアの滝デビルズプール

⭕自然豊かな国立公園

この3つです。妄想だけでワクワクしますね。

もう既に友人が体験したりもしているので、早く行きたくて仕方ないです。

⑦言語は?

公用語は「英語」になっています。

しかし、ザンビアのは多数の現地語が存在しており、私の住む地域では、「トンガ語」も使われていて混ざっているようなので、今習得している自分の英語には全然期待していません。

言葉に慣れないうちは、暮らしながら、パフォーマンスしながら関係づくりに励んでいきます。

⑧どんな活動するの??

最初にもチラッと書きましたが

⭕小学校で主に算数と体育の授業を受け持つ

⭕同僚と話し合いながら授業の質の向上を狙う

⭕子供に「教える」楽しさを、保護者に「教育」に関心を持ってもらい、教育者不足解消に少しでも貢献する

⭕「freestyle バスケ」「ウクレレ」「けん玉」で多くの人脈を作る

⭕Skype等を使って、日本の学校と繋げる

⭕ネタになるような挑戦をする

今のところこんな感じです。まだまだ閃けば挑戦したいですし、何か提案があれば是非リクエストしてほしいです。

⑨何を持って行くの?

ザッと上げると

機械類
・mac book  ・iPad pro  ・kindle  ・一眼レフ  ・go pro   ・theta
薬類
・風邪薬  ・整腸剤  ・目薬  ・ビタミン剤  ・サプリメント  ・蜂蜜
衣類
・スーツ一式  ・ライトダウン  ・Gore-Tex上下  ・アンダーアーマ上下  ・ポロシャツ   ・tシャツ  ・イージーパンツ  ・靴下  ・下着  ・シャツ  ・セイム

✳全て速乾性、吸水性が高く、ダウン系は薄いけど温かいものにしてコンパクトにしまえて、軽量化しています。

食べ物
・カロリーメイト ・離乳食 ・粉末飲料水 ・粉末だし ・味噌
雑貨類
・サバイバルボトル  ・ヘッドライト  ・バスケットボール  ・ウクレレ  ・けん玉  ・空気入れ

荷物制限が厳しく、受託荷物は30キロまで、手荷物は7キロまでで

96Lスーツケースと71Lのバックパックでいきます‼

結構ぱんぱんです。

⑩最後に

半年間待ちに待ってようやく出国することができます。

今となっては研修が終わってあたふたすることもなく、時間をかなり有意義に進めることができたので、顔面神経麻痺発症してよかったです。

これがなければ、知識を広げることもブログと出会うこともなかったかもしれませんしね。

もう海外に出ている若者なんて全然珍しくありません。

普通だと思っています。アフリカだって珍しくないです。

ネットを見ていても、直接会った人でも年齢関係なく素直に「すげえ‼」って思える人達がいて、結果も残しているんですよね。

「勝ち負けじゃない」ってわかっているんですけど、11年バスケやっているからでしょうけど、やっぱ勝手な自己満なボコボコにされる勝負が大好きなんですよね。

「なんじゃこの差」「なんも通用せんじゃん」ってのがたまらんのです。

自分の出せるパフォーマンスをフルに使って、生み出して、最高の2年間にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。