【ハチさん時代からのファンが激推しする!】これだけは絶対聞いておくべき、米津玄師オススメ曲7選

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian _run)

 

本記事では前回のRADWIMPSに引き続き。。

 

 

 

米津玄師さんを紹介‼

 

いぇい✨

 

今めちゃめちゃ波に乗ってます。乗りすぎです。

 

過去は「ハチ」という名義でYouTubeに動画を載せて単独で活動していた頃が
懐かしく思えます。

 

最近は、ドラマ「アンナチュラル」の主題歌Lemonがリリース

 

そして代表曲の「アイネクライネ」が1億回再生を突破し大反響。

 

このドラマをきっかけに初めて知ってハマった方も多いのではないでしょうか?

 

少し前になると、
菅田将暉君、池田エライザさん、DAOKOさんとのコラボ
アニメの主題歌にも抜擢されて、まさに破竹の勢いとはこのこと

 

最近から聞き始めた方は是非1昔前の曲も聴いて頂きたいです‼
彼の人間性の変化が垣間見えます。

 

変わらんぬものが1つ

 

圧倒的表現力

 

 

歌詞はもちろん、自ら手がける絵PV・ダンス全てが見るたびにのめり込んでしまう作品になっています。

 

そんな彼の作品を総合的に主観的に気に入っている曲を7つ紹介します‼

 

①ドーナツホール

 

2013年秋に公開された曲です。

この頃の名義は「ハチ」でボカロミュージックになります。

私が始めて聞いた彼の曲です‼

 

ボカロに触れたので新鮮さ中毒性が凄くてハマりました。

 

いつだってハマる、鳥肌が立つのは「新鮮」な衝動ですね。

 

もちろん映像や作画も本人が行なってます‼

超ハイブリッド男子。

 

彼らしい曲調が大好きです。

 

「簡単な感情ばっか数えていたら、あなたがくれた体温まで忘れてしまった」

 

この歌詞に一発で虜になりました。

 

米津玄師の始まりとも言えるボカロに先ずは注目してみてください!

 

ボカロボイスとは

ソフトウェアに喋らせたい声質と言葉を入力してボイスロイドに歌わせてることです!

②LOSER

 

この曲は比較的最近の曲なので知っている人も多いのではないでしょうか?

なんと言っても衝撃だったのは彼のダンス。

 

振付師によると、米津玄師さんはLOSERの撮影で初めてダンスを経験したそうですが、ほとんどセンスでやりきってしまって振付師も、かなり驚いたそうです。

 

新しいものを定期的に小出ししてくるからファンは衝撃受けっぱなし。

 

「愛されたいならそう言おうぜ。思ってるだけじゃ伝わらないね」

 

っていう珍しいドストレートな歌詞が特に好きです‼

 

③恋と病熱

 

 

こちらは2012年に公開された曲。

 

1st アルバム「diorama」に収録されています。

 

このアルバムは彼の根源です。
ロックです。
リズムもメッセージもバシバシ伝わってきます。

 

不条理とか彼の内面そのものが表されてます。

 

その中の1つの「恋と病熱」

 

ストーリー性がある曲で、耳だけで聴くと、変わった言い回しがあるものの

男女2人の話で彼女はおそらく病院にいて、、とイメージがわくのですが。

 

PV観ると歌詞からの連想を裏切るびっくらこく内容で。。
見てみてください。

 

こういう面も含めて印象深かったので、紹介しました‼

 

④砂の惑星

 

2017年に4年ぶりに「ハチ」名義で公開された曲です。

 

久しぶりのボカロだったのでめちゃめちゃテンション上がったのですが

 

歌詞が「ハチ」っていう存在を脱却するように聴こえて、今後は出ないのかな。とか思ったりして複雑でした。

 

複雑だったんですけど、勢いが衰退してきたボカロ界隈を煽るような感じもして、かっこいい歌詞になっています‼

 

ボカロVER
本人VER

 

どちらもあります‼

 

⑤ゆめくいしょうじょ

こちらもボカロ、本人VERどちらもあります。

聴いてて落ち着くんですよね。この曲。

寝る前に聞きます。

 

この曲はもちろん歌詞に

思い出の話を語っておくれよ。曖昧な格好で。

そそがれた闇さえ飲み干して

息を吐く淡い声

 

このような独特な表現が織り混ざってますが、
メロディーがすごい好きです。

 

大事なことなのでもう一回言います。

 

普段歌詞に重きを置きがちですが、メロディーが好きです。

 

⑥サンタマリア

 

2013年リリースのデビュー作です。

 

もともとは「百鬼夜行」という曲にしようと思っていたみたいなのですが、

本人の「美しいものを作りたい」という思いから、この曲に変更されたそうです。

 

この曲を機に「誰かともに制作していこう」と孤独からの脱脚・決意が込められています。

 

綺麗な曲です。

 

「手を繋ごう 意味なんかなくたって」

 

このフレーズにすごい共感を持ってます。
意味を持たずに誰かと、自分と行動する。

 

自分は「無駄と余裕をつくたっていい」という取り方をしました。

 

⑦春雷

最新アルバムに入っています‼

メロディーに注目されがちですが、いざピックしてみると男女間のことが書かれている歌詞がちらほら。

 

“春”を”恋”に例え、雷が落ちたような衝動を表現したそうです。

 

「恋」っていうとても抽象的で言葉にしづらいと思うんですけど
「これでもか」というほど、日本語がホント美しく並べられてて、RADにしてもですけど

 

Run
日本語の多様さエゲツねーな‼

 

って思えます。

 

最後に

 

そんなこんなで以上になります。

 

感性を磨くのに「本」がよくあげられがちですけど

「音楽」も相当効果あると思います。というかあります。

 

音楽を真剣に聞くと言葉の勉強にもなりますし。

この良さ。。

子供に伝えていきたいな。。。

 

本記事で紹介した7曲は本気でオススメなので、時間がゆる限り飛びまくってください。

 

今日は読んでくださりありがとうございました‼

 

▼音楽以外にも旅や教育についても発信中▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。