そうだ。終わりに向かって走っているんだった。

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian _run )

先日のトラブルで首都に戻っております。

シェアタクで強風に煽られてながら。

そして、他人「いや、、触れにくい」
ってぐらい嘆いてやりました。

色々考えたんですけど
結局、人の人生で唯一絶対と言えるのことって「死ぬこと」なんですよね。

なら、いっそ大袈裟に捉えて、
潜伏期間である2年が終わるまでは
「いつポックリ死んでもおかしくない状況」

そう捉えましょう。

2年以内に終わるのであれば怖いものはありません。

保守的な思考は一切払いのけましょう。

何もなかったらラッキー。
噛まれた場合の発病可能性は32〜64%と言われています。

これが高いと捉えるかどうかは
その人次第。

いやー、怖いですね。

ということで、、

やりたい事。
グレーな事。

やりましょう。

仮にグレーすぎて、私に何か降りかかればそれが、ブラックだった。

ということがわかります。

逆なら、ホワイトです。

みんなが挑戦しやすい環境になります。

ということで、
ホントはフォロワーが集まってから

「こういう手段もあるよ!」って言う意味も込めて行動しようと思いましたが、、

辞めます。

やります。
恐るものは何もありません。

生き延びたらラッキーです。

その時は、仲間達よ。
面白いこと一緒にやっていきましょう!

ということで、ポルカやります!

今年の年末に1度日本に帰らせてください!
会いたい人がいます!

できれば
watcha!に来た先生達にも会いたいですね(知らない人すいません)

ぜひ、最後まで読んで良かったらシェアしてください!

もう一回言います。

私、Run…

Polcaやります!

「え、なにそれ??」

「なんだそんな発表かよ」

「大丈夫なの!?」

恐らく私への反応は3つのどれかでしょう。

まず、Polcaを知らない人は、
こちらの記事を読んでください!

次に何故この挑戦に至ったのか、背景を説明します

①Polcaというアプリを知ってほしい

上記で載せたように、実は以前にPolcaについてブログにあげたのですが反応はイマイチだったんです。

そして、知っている人が若い世代でもかなり少なかったことが衝撃でした。

挑戦したい人、新しい生き方をしたい、今を変えたい人は必ずいます。

そんな人達のために自分が魂込めて行動することで示して、かなり使いやすいPolcaを知ってほしいと思っています。

自分のTwitterのフォロワーは殆どが国際的な方か、教員の方です。

その方々に

こんなお金の使い方
こんな生き方
こんな手段
ってのが、転がっていることを子供達に道徳等を通じて教えてあげてほしいわけです。

こんな優しい世界があるんです!!!ってことを。

Polcaをやっている人のツイートに対するリプをみると

「そんなことにPolca使うなよ」

って声をしばしば見るんですよね。

悲しくなるというか、もっとハードルを下げたフランクな感じで使ってもいいんじゃないかなってことで、自分も行動して、広めたいって思いがあります。

ただ、資金が集まるとか、そういうことだけじゃなくて

○仲間・共犯者を作りたい
○人の繋がりを通して想いを広めたい
○「Run」という人間を知ってほしい

クラウドファンディングにはこんな力もあります。

自分にその力があるのか。
検証したい思いも強くあります。

今の自分の信用力を測りたいです!

必ずこの挑戦をした後には、この挑戦をしないと見えない景色、思い、出会えなかった人たち、時間の流れがあると確信しています。

自分の柱はブログの名前でもある「Bramen Life」

ブレーメンの音楽隊からもらいました!

あのグリム童謡に出てくる動物達のように周りを巻き込みながら一致団結して自分たちの新しい景色を切り開きたい想いで、このブログを立ち上げました。

自分にとってはこれが1つの「当たり前」や「暗黙」を切り開く一歩になると考えています!!!!

お力添えください!!

②協力隊という立場

ここが割と大きな関門なんですよね。

いませんか?いるでしょ!

○1眼レフで写真撮りたくなってきた
○fInal cut pro使って動画しっかり編集して発信したい
○大切な友達が結婚するんだけど帰国するお金がない

いますよね?
もったいなくないですか?

2年海外移住っていうなかなかないかもしれない経験しているのに
「お金がないから、、」って理由で何かにチャレンジできないことって。

というか2年もいたら
新しいことバンバンしたくなって思いつくと思うんですよね。

特に新卒の方!!

なくないですか?お金!

協力隊は帰国後の活動支援金という形で毎月お金が日本の口座に振り込まれています!

しかし、私の場合、大学の学費は全部自分でどうにかしたんで、奨学金の支払いが毎月ある上に、より良い発信をするためにPC等の機材をローンで買っていますし、このブログの運営も有料で毎月運営してます!

なのでお金がまあないです!!!

日本に帰るには複数回乗り換えをしなくてはいけないので、なるべく安いうちに売り切れる前に便を抑えておきたい気持ちがあります!

で、なんで協力隊にとってこれが関門になるのかって言うと

「お金を得てはいけない!」

みたいなザックリとしたルールがあってそれが現代についていけてない感じがするんです。

曖昧すぎて。

なので、改めて合意書を見ました。

乙は、派遣期間中、(中略)私利に関する一切の活動をしてはならない。(中略)

私利に関する活動とは(中略)己自身の利益を得ることを目的として、商行為(中略)を行うこと。

引用:JICAボランティア派遣に関わる合意書

✳文意が変わらないように、不要部分を省略しています。

ここで注目したいのが「利益」という言葉です。

「利益」=「収益」–「支出」

定義はこれなんですよね。

つまりPolca等で目的を定めて資金を募ると「利益」は生まれません。
全て「支出」の扱いになります。

今回の私の動きにしても全て渡航費にあてるので勿論「利益」は生まれないわけです。

もう一点

「自分の利益」が目的ではないことです。

目的
「コストへの支援」
「これからの協力隊が可能になってくる動きへの活路を開くこと」
「大切な人と会うこと・大切な人が私に会うこと」

これらが目的になるので文中の
「己自身の利益を得ること」には当たりません。

したがって、イケる。

と信じております。

これでもし何かあれば、それが私のタイミングです。

悲観的になる気はさらさらありません。

やらずに後悔の方がよっぽど頭おかしくなります。

だからやります!

③大事な家族・仲間に会いたい

根本にはこの想いがあります。
噛まれてより一層想いは深まりました。

なんかあってからじゃマジで遅いと。。

パートナーはもちろんのことながら、祖母二人にも会っておきたい。
心の拠り所がばあちゃんやっただけに。

じいちゃんの時みたく、いきなりってのは勘弁なのです。

教え子たちの成長も目に焼けつけたいのです。

子供の爆発的な成長ほど
「この野郎」と刺激をもらえる機会はないです。

大人気ないと言う人もいるかもわかりませんが、誰に対しても生粋の負けず嫌いです。

毎日のように奮い立たせてくれる子供たちにも会いたいです。

そして、大切なパートナー。
こっちに来る前から喧嘩ばっかして、迷惑かけっぱです。正直。

彼女は強い性格なんですけど、人一倍の弱さも持ってます。

年齢も少し離れていることから結婚への焦りもあると思います。

私はちょっとでも安心させたい、そして会いたい強い想いがあります。
なんだかんだ私の無限大の挑戦に対する気持ちを全部受け止めてくれてます。

こんな想いも自分の信用、仲間のお陰で成り立つ世の中になりつつあることを証明したいです。

恐らくですけど、物議を醸すかもしれません。

ただ、あの経験したことない恐怖と死ぬかもしれない可能性を本気で感じた時に、物議があろうが、挑戦したいことを

感じたわけです。

だからやります。

どうせなら燃えない燃えるゴミより

燃えるゴミの方がマシです。

あわよくば燃える希望に。

今日は読んでいただきありがとうございました!

こちら⬇から飛んでいただいて応援していただける方はよろしくお願いします!

ポルカ挑戦!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。