【アフリカ生活感想記】日本人の私からみた宗教の怖さ。え!? 全部アレのせいにしちゃうの?

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

先日こんなツイートをしました。

 

 

一神教が身近ではない私にとっては怪奇な領域に入ってくるくらい不思議です。

 

そんな私が
宗教のどこに怖さを感じたか書いていきます。

 

この文は私の住む地域、そして比率として高い体験談を書いてます。ほかの地域では全く同じではないでしょうし、一様には言えません。ただほかの地域、口でも同じようなことはしばしば聞きます。

 

①神に捧げる時間が長すぎる

 

うちの地域は日曜日に教会に集まって踊ったり、祈りを神に捧げています。

 

しかも半日。

時には発狂します。

 

ぉぉおお!!!!神よぉおおお

 

こんな感じです。
地域交流や出会いの場でもあるようなので、皆んなかなり服装キメてきます!

 

なので仕方ないといえば仕方ないのですが。

あまりに熱狂するその様は
正直ホラーより怖いです。

 

本気で全部どうにかしてくれと祈ってますからね。

 

もちろん日常会話でも神の話は出てきます。

では話の内容と私の答えを紹介しますね。

 

◯お前は神を信じるのか?

 

信じるけど、全ては自分次第だと思ってるよ。神様のせいにはしない。

 

◯日本人は何を信じるんだ?

 

普通の宗教のように一神教じゃないよ。

神道といって多神教的なところがあるから全ての自然、物に神様がいるって思ってるだから日本人は物を大切に扱うの。

なによりも日本人は仲間を信じていると思うよ。

 

この2つの話題は何回答えてきたかわからないくらい聞かれています。

 

 

②言い訳のほとんどは神

 

彼らが失敗を犯した時、トラブルがあった時の原因は“神様が助けてくれなかった”です。

 

?!?!?!

 

シャレにならんです笑

 

車のタイヤ外れて横転しようが
農業失敗しようが
仕事がないのもが

 

全ての原因は“神様が助けてくれなかった”なのです。

 

あくまで自分の努力やストーリーは関係ないのです。

この文化のお陰でのんびり平和な部分もあるんでしょうけどね。

 

仕事・自己の成長という側面においては“祈り”の文化はどうかと思いますが。
興味深いです。

 

③仕事を乞う時も神

 

日本人・中国人は「お金持ち」と思われているので村を歩くと

 

ザンビアン
へいボス!俺に仕事をくれよ

 

といってくる人がいます。

 

君は僕の為になにができるんだい?

 

と問うと。

 

ザンビアン
神に祈ることができるよ!

 

…..。

大真面目に言ってきますからね。
しかも、なかなか引き下がらない。

 

最後に

 

対処法として教えてもらったのが

⭕相手に自信をつけさせること
⭕タウンで多様な職を探してみることを薦める

 

これを実践してみると、気持ちよく離れ去ってくれます。

 

いかがだったでしょうか。

彼らは、こんな感じで宗教を大いに信じています。

信じ切ってます。

 

その真剣な様には少し寒気がしますが、この文化の中で「もし自分の・日本人の信じるものを答えれなかったら..」と思うとゾッとします。

 

信じるものがないことを理由に教会の付き合いに無理やり入れられるのか

母国のことも知らないのか
と軽蔑されるのか、

 

いずれにせよ日本のことを勉強しておいてよかったです。

 

今日は読んでくださりありがとうございました!

 

▼旅好きは必見の記事▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。