教員におすすめの服装・ブランド4選

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

新卒新任の方を中心に服装にお悩みの方に今日は有益な情報を発信します。

 

「いつもジャージだからオシャレできない」

「汚れるから正直凝った服装したくない」

 

このような悩みを抱える人は多いのではないでしょうか。

結論からいうと

安くても・ジャージでも

オシャレは可能なのです。

そして、オシャレや見た目に多少なりこだわりを持つべき理由があります。

それは、外見が良い人は他人の好意を獲得しやすいからです。

相手にイエスと言わせる心理的影響力が強くなります。

つまり、

 

「外見が良い人は、中身も良い」

「才能があり、親切で、知的で優秀である」

 

このような考えに自動的になる心理があるのです。

特に筋トレや食事管理をめんどくさいと感じてしまう人は服装に気を使うことは気軽にできるのでおすすめです。

ということで、

《スポーツウェア部門》

綺麗め部門》に分けて紹介します。

正直かなり服装の紹介には自信があります。

22年生きて

おしゃれだよね

って10000回は言われているはずです。

最後までご覧ください。

スポーツウェア部門

好ましいコンセプト

「え?ジャージ」と思わせる綺麗めさ

⭕あくまで機能重視

⭕ダボダボなスポーツウェアは今はダサい

ジャージはダサくない

推測ですが

「ジャージがダサい」と思っている方は、このようなスタイリングを想像していませんか?

ドラマのごくせんにでてくるような。

安い漫画などに出てくる、アレです。

ウィンドブレーカーも同じですね。

 

たしかにアレは私もダサいと思います。

あえてダサい路線にいくのもありですが、今のウェアはかなりかっこいいですよ。

 

ひと昔前(スラムダンクが終わったあたり)から、緩め、大きめのスポーツウェアが流行りました。

しかし、時代は回るもので現在はタイト目、さらにはプライベートとスポーツシーンの境界線がなくなってしまうほど、素材も機能もカッコよく可愛くなりました。

こんな感じです。

ジャージへの印象が変わったのではないでしょうか。

スタイリッシュに見せることは冒頭述べたように

知的で優秀な印象を与えてくれます。

試してみてください。

おすすめブランド

ここでいくつかスタイリッシュに魅せてくれるブランドをいつか紹介していきます。

《ナイキ》

《アディダス》

《ノースフェイス》

もっとプライスレスを望む人

《ユニクロ》

今回紹介したブランドは王道かつウケがいいです。

かなりスタイリッシュに魅せてくれます

加えて伸縮性、速乾性ももちろんあるので、多動することや汚れるシーンが多い教職にとっては外せないウェアになってます。

汚れようが汗かこうが、すぐ取れて、動きにストレスを与えません

できればブランドに一貫性があると、より映えますね。

しかし、冬物になるほど値が張るのは事実です。

服にお金をかけたくないよ

そんな声に応えてくれるのがやはりユニクロ

私はあまりユニクロに行かないので品揃えについては詳しくなかったのですが、去年の冬のことです。

当時、私はアホのようにスタイリッシュな冬用セットアップを集めていました。

そんな時期に友達が似たような服を持っていたので

ウキウキしながら

Run
それどこで買ったと?
ユニクロ
Run
???
ユニクロだよ

驚きを隠せませんでした。

ユニクロはもうこんな所まで来たのかと。

見た目クオリティも想像以上に高かったです。

プライレスを好む方はおすすめですよ!



カジュアル部門

好ましいコンセプト

スポーツウェア以外だとなかなか伸縮性がなくて、動き辛くなると思います。

なので、上下しっかりタイトめのシャツスキニーパンツという組み合わせは個人的にオススメできません。(伸縮性が効くなら良い)

要はだらし無く見えなければ良しとされるところはあるので、メリハリをつければいいのです。

ここでオススメのシルエットを紹介します。

参考にしてください。

Aライン

上半身が細く、下半身が太いシルエットです。

下半身のボディーラインが気になる方は隠すことができます。

上半身にフィットした服をチョイスすることによって、ダラシなく見せることなくメリハリをつけることができます。

注意
大きすぎると、気づかぬうちに汚れていることが多いのでサイズ感には気を付けましょう。

Yライン

上半身にボリュームをつけて下半身は細いシルエットです。

こちらはAラインとは反対に上半身にコンプレックスを持つ人は隠すことができます。

特にYラインは知的でオシャレに見える傾向が強いようなので、試してみてください。

最後に

カジュアル部門の「オススメブランド」は多岐に渡りすぎるので割愛させてください。

いかがだったでしょうか。
少しでも快適に働いていただけるようなブランドやシルエット作りを提案しました。

服の良さは気持ちに変化をつけてくれるです。

毎日でなくてもシチュエーションに応じた服装に拘りを持つことで気持ちを入れ直すことができます。

相手も同じです。

「今日は何か違うな。気合いいれないと。」
「見ためがキチンとされてるから性格や、対応もキチンとされてるんだろうな」

このような心理にホントになってくれます。

子供に関しては普段適当なジャージなのに、いきなりカッチカチのスーツだと緊張度が増しすぎるので、注意が必要です。

だからこそ、スタイリッシュでカッコいいジャージを薦めました。

人間的な中身や普段の生活からも得る信頼に加えて、外見からも信頼を得てみましょう。

経験上、自分に対する自信や相手からの反応がガラッと変わります。

今日は読んでいただきありがとうございました。

▼Google検索上位で出てくる教育記事はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。