アフリカ・発展途上国の生活水準・仕事におけるの難しさと感想。本音をポロって出します

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

本記事はタイトル通り

 

アフリカ生活の難しさについてです。

 

発展途上国に興味がある人・長期的に尋ねる予定がある人に向けて本音とエモで書いています。

5分もかからないうちに読み終わることができるので気楽に楽しんでください。

 

私は大きく、この2つに悩んでます。

⭕好きで生きる難しさ
⭕人付き合いの難しさ

 

正直、インフラは慣れたんです。

⭕電気がつかない
⭕水が出ない

 

しかし空腹は耐えれん!!!

こんなところに文句言ったって仕方ないですし、解決方法はありません。

むしろ、作業への集中力が高まる1つの要因となっています。

 

そして、今回もエモい文を書くということは、、

お待たせしました(誰も待ってない)

 

エモくなったら絵を描く男Runです。

 

タイトル「カレヤの村」

 

のどかな気持ちになりたくて、おかしくなりそうな不思議な気持ちを丸めて、地方の村の様子を描きました。

 

▼1作目の記事はコチラ▼

 

ではでは本題に

注意
「難しさ」について話しますが、結論はポジティブな方向に持っていきます。

決して病んでるわけでもなければ、マイナスな文章でもないので、最後まで楽しみながら読んでくださいね!

 

アフリカに住む予定がある人の参考になれば嬉しいです。

 

好きで生きる難しさ

 

現在、私がやってることは

⭕ブログ
⭕Twitter
⭕インスタ
⭕学校での授業
⭕読書

 

などなどザックリ言うと

発信勉強

 

これを永遠とやってます。
好きなだけやってます。

 

 

帰国してからも就職する気はありません。

⭕ブログ
⭕オンラインサロン
⭕全国出前授業
⭕キッズライン
⭕旅

 

これらを中心に生きていくので今は必死で信用貯蓄をしなくちゃいけない時期です。

 

 

嫌々やっているわけじゃないですが、淡々としてて2週間に1回くらい何とも言えない感情に襲われます

 

文章も描きたくないくらいです。
スマホも見たくありません

 

そんな時に「絵」を書くと落ち着きますし、良い表現ができている気分になります。

 

結局、表現することが好きなことに変わりはありません。

本気でやっている分、数字と結果が上手くいかないと、どうしようもなく凹んでしまうときもあるってことです。

 

好きなことで悩みもがき、抗うのは幸せなことだと思ってます。

ただ、好きなことで生きるのも楽ではありません。

 

好きだからこそ「なにがなんでも結果を残したい」そんな気持ちになるわけです。

 

要するに好きだからこそ妥協も嘘もつきたくない

だから壁にどんどん当たるようにしてる。

 

結果なにやっても楽しいだけじゃないことを実感しています。




スポンサーリンク

人付き合いの難しさ

 

矛盾してるんですけど

⭕誰かと話したい
⭕ザンビア人と話すとろくな目にあわない
⭕日本人は周りにいない
⭕Twitterで話したいわけではない(それでは満足できないの意)

 

こんな気持ちが入り乱れて入り乱れて結局、学校以外は4畳の部屋に籠っているから、まあまあな孤独感に襲われることもあります。

 

けど、無駄な話をしたらしたで

 

Run
あ、そんな暇はない。勉強して発信しないと

 

そう思ってはパソコンKindleに向かい直します。

 

楽しくやれているから良いんですけどね。

 

《少なからず、こんな思いを抱えて異国の地で活動している人はいる》

 

そんなことを知ってほしいと思いました。

 

そして、もし海外で活動することを目標にする人がいれば、

 

吐き出す方法・コミュニティを作っておく重要性を知って欲しくて今回記事にしました。

 

圧倒的小さなコミュニティのパワー

 

Run

多様性を持ちなさい

広い世界を知りなさい

 

日本人なら誰しも一度は聞いたことがあるセリフでしょう。

私も大切なことだと自負しているので自身も積極的に外の景色を見るようにしています。

 

 

しかし、地方の田舎に住む彼らたちにとって多様性は無用なものなのかもしれません。

 

なぜなら

お金がないからコミュニティに出る必要はない
お金がなくても車がなくても誰かに乗っかれば何とかなるからです。

 

だから

 

お金くれよ
首都にいるなら何か買ってきてよ
日本に連れて行ってよ
体罰すれば全部解決だよ
なんでザンビア人みたいに英語綺麗に話せないんだ?
なんで妻が一人しかいないんだ?

 

というのは彼らにとって正義の文化なのです。

 

集っていくのが当たり前。

暴力と罵声で物事を解決するのは当たり前です。

 

最近は捨てたゴミ袋を破って漁っているところを発見しました。

 

私はこれを変えることはできません。

なぜならこの村に日本人が関わり出して7年目だからです。

 

文化に逆らって疲弊する気はありません。

 

外界を知らない小さなコミュニティはある種、狂気に満ちていてカオスです。
受け流す、無視する、熱があれば親身になる。

 

今のところはこのように過ごし、好きなことに熱中しています。

 

アフリカに長期滞在する際の参考にしてください。

今日は読んでいただきありがとうございました。

 

▼その他のアフリカ記録はコチラ▼

 

▼ブログを始めるならコチラ▼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。