個人が個人にスポンサーが付く時代!? 私もチャレンジしてみました!

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zanbian_run)

皆さん!!
突然ですが、スポンサーについて考えたことありますか?

「スポーツ選手についてるやつ」
「番組につくもの」
「企業がプロジェクトに対してつくもの」

こんなイメージですかね?

実は今、ブログや、その他事業で結果を残している方々が、ブロガー等の個人にスポンサーが付く流れになってきています!

最近ですと

こんな感じです。

めちゃめちゃカッコよくないですか!?

私はそう思います。

というのも、数回バスケ関係で提供を受けたことがあって嬉しくて、バスケ以外でも受けたい想いが高まってきたわけです。

もちろん目的はカッコいいだけじゃないんですけどね。

その辺は記事の後半で書きますね。

ではでは掘り下げていきましょう!!

どうやってスポンサー見つけるの?

私が見た範囲の話ですが

⭕SNSやブログで募集している
⭕自ら募集してみる
⭕企業に営業しにいく

この3つが主です。

意外と直ぐ募集が終わってします場合が多いので、しっかりアンテナを張っていないと逃します。

いつチャンスが転がってきてもいいように、日頃からの発信を怠らないことはもちろん、発信源のデータをとっておくことが必要です。

応募するときに考えるべきこと

ほとんどのケースでTwitterでインフルエンサーの方が、スポンサーの方が応募をかけると多数のリプが送られています。

毎回そのリプを私は観察しているのですが、ちょっと引っかかることが。

ブログやってます!スポンサー検討お願いします!

 

おいおいおいおい

 

選考ににマッチングの問題で落ちた私が言うのもなんですが、、

これは引き受けてもらえないでしょ。

まずどんな人かも、どんなブログなのかもわかりませんしね。

ということで、私が自己プレゼンにおいて考えたこと失敗した理由を書いていきます!
参考にしてください。

何者なのか

当たり前ですけど最初は自己紹介ですよね。

名前インパクトのある経歴くらいは伝えておきたいところです。

何をやっているのか

自己紹介が終わったら今の時点で

⭕自分が何に力を入れているのか
⭕どんな活動をしているのか

熱ければ熱いほど目に留めていただけると思います。

私の場合
⭕去年大学を卒業して新卒でアフリカで先生をしている
⭕旅・教育・ライフハックを柱にブログとSNSを運営している

長文が嫌いな人もいらっしゃるので、スポンサー様の人格まで把握しておくとGOODです。

データ

次に自分の運営している媒体のデータを伝えました。

これも大切な選考材料です。
運営していてもPV,フォロワーが0じゃ支援したい気持ちにはなりませんからね。

私の場合
⭕ブログを始めて半年で96記事で月のPVは8000越え
⭕最近はデイリー300〜400PVは目前なので10000PVが目前
⭕Twitterは3ヶ月で200人から865人までフォロワーさんが増加中
⭕読者層が18〜34歳が61%・35〜54歳が28%・55歳以上が11%
⭕男女比は半々
⭕読者の立場は教員・旅好き、学生を目指す学生・保護者・旅人が多い

このように数値や読者がどのような人なのか提示しました。

スポンサーについていただくことで何がしたいか

支援を、どう生かすのかも大切ですね。

「入社したら何をしたいのか」

って問われているのと同じような感覚です。

私の場合
⭕発信するためのインプット・アウトプットをレベルアップさせたい
⭕個人で動くことの可能性を皆んなに知ってもらいたい
⭕教員・保護者の方々に新しい時代の生き方を知ってもらいたい

この3つをアピールしました。

特に学校現場や保護者の方で、このような生き方を知っている人はほとんどいないと思っているので、強い願いがあります。

私が今回失敗した理由

一言で言うと

双方にメリットがなかったから

です。

今回、私が応募した方の要項が

マッチングを気にはしていましたが、このような形式だったので思い切って応募したら案の定マッチングで見送りになりました。。

 

そりゃそうだよね、、って感じです。

 

私の読者にメリットがあってもスポンサー様の読者には関係ないことですから。

なので今後、私が意識すべきは

単純に個人を応援していただけるスポンサー様へのアピール
⭕教員・保護者・旅人・学生からのアクセスを増やしたいスポンサー様へのアピール

 

この2つです。

要はスポンサー様の読者層や活動も気にしろよってことです。

発信・自己アピールを書く技術をあげるなら買っておくべき本

ご存知のかたも多いでしょう。

メンタリストDaigoさんの著書です。

この本の構成自体も参考になりますし、項目も科学的根拠をベースに心理的な側面から実行しやすいノウハウが紹介してあります。

大変読みやすいので、活字が苦手な人でも直ぐ飲み込めます。

おそらくブログをやっている人は全員読んでいるんじゃないか。
と思えるほど他方で薦められている著書です。

 

漫画をベースにストーリ性がある内容で基礎からバッチリ楽しみながら読むことができます

最後に

個人が個人にスポンサーにつく時代なんて、本当に良い時代に若くして生きることができていることを本当に幸せに思っています。

今回は選考に落ちはしましたが

 

「インパクトのある経歴に、魅力あるブログとツイッターだからチャンスはまだあると思います」

と認めてもらえたこと。

 

そして恐れることなく初めてチャレンジできたこと、相手に不快な思いをさせないプレゼンができたことに価値を置いています。

 

今後もチャンスが転がっていば、積極的に掴みにいきます

 

また、この記事を読んでチャンスをいただける、支援していただける方が、いらっしゃれば幸いです。

この話があなたの活力になることを祈っています。

今日は読んでいただいてありがとうございました!

▼熱いアフリカ生活録はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。