【寝起きが悪い人必見!】アフリカでもできる朝スッキリな起き方をする3つのコツ

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

前回更新した、睡眠の質の上げ方に続き

 

 

今回は起床の仕方と朝の過ごし方です。

 

起床の仕方を工夫すると

起きてすぐボーっとしない
⭕最も集中できる朝を大切にできる
⭕身体が重くならない

 

 

こんなメリットがあります。

両方とも気遣えて初めて、生産性の高い毎日を送れるので

トライしてみてください。

 

 

 

ではでは

 

強制的に起こしてくるアラームからの脱却

 

アラームに起こされるかどうかがかなり大きいです。

 

 

人の睡眠には流れがあります。

せっかく良い眠りに入っているのにアラームに無理やり起こされては気分も悪いでしょう。

 

⭕起きてすぐ頭痛
⭕ボーッとする
⭕身体が重い

 

タイミングが悪いと長く寝たとしてもデメリットが出てきます。

 

とは言え多数の人は

 

 アラームなしはホントに無理!

 

と答えるでしょう。

そんな悩みを抱える人たちにも対策はあります。

 

2パターンに分けて説明しますね。

 

アラームなしを目指したい人

 

まずは、体内時計をしっかりと機能させる必要があります。

 

機能させるコツ
⭕青魚、バナナ、卵、鶏肉、ひじきなどを取る
⭕午前中に日光を浴びる
⭕リズム運動
⭕「笑う」、「泣く」などの豊かな感情表現
⭕音読法

 

これら5つがあげられます。

 

いずれの方法に共通して言えることは「セロトニンを体内に貯めることができる」点。

 

セロトニンはストレスをコントロールし、不安を取り除き、集中力に深く関与する神経伝達物質です。

 

例に挙げてるリズム運動はダンスをイメージする人もいるかもしれませんが、「ガムを噛む」等の長い時間かけた咀嚼もリズム運動に含まれるので朝食に咀嚼できるのもを組み込むといいです!

 

アラームありで快適な起床をしたい人

 

大切なことは「音」

 

 

ビリィィイリィー!!

 

 

甲高い、激しい音にするともう寝起きは最悪です。

 

私の場合、激しい頭痛に襲われてから辞めました。

 

 

自然をモチーフにした音
柔らかな洋楽や邦楽に変えてみるだけで全く効果は違います。

 

 

 

《アラームは2段階セット》もオススメです。

 

本来起きるべき時間の15分前にセットしてみてください。

これでサッと起きれるようなら起きましょう。

アラームに気づかなければ次の15分後で気持ちよく起きれる波が来てるはずです。

 

1回目のアラームに気づいたら必ず起きてください

「あと15分あるから、もう一回」

と考えて二度寝したら、次起きるときの体は重いです。

 




スポンサーリンク

体を起こしたら脱いで水を浴びよ

 

を起こす初歩中の初歩

 

これが結構むずかしかったりしますよね。

目覚めた瞬間に

 

バッ!!!!

 

 

と体を起こせるか。

 

己との戦い。

 

コツとしては強制的にベッドから出る手段を作ることです。

 

そのために、起きた瞬間に服を脱ぐ

 

寒い冬は特に

脱ぎましょう。

 

 
寒くて、出れん。もうちょっと寝よ、、

 

とか、戯言がなくなります。

 

おまけをつけると

 

《毎日同じ時間に起きて、起きた瞬間に腕立て伏せをライブ配信》

 

 

これもいいかもしれません。

 

とにかく、起きれないなら逃げ場を消す

 

これにつきます!

 

そして、起き上がったら

 

《表面温度を下げる》

 

寝るときと逆です。

 

手のひら等の表面温度を下げて、上がる作用がかかってくるにつれて、中の温度が下がっていきます。

そうすると身体がシャキッと起きてくれるわけです。

 

 

だからは特に起きちゃったらすぐ洗面所にいって、ぬるま湯ではなく、冷水でバシッと顔を洗ってください!

 

背筋を伸ばす

 

寝て凝り固まった背筋を伸ばすことで血流が良くなり、活発に動けるようサインを体に出してくれます。

 

背中には長時間安定的にエネルギーを発生させる遅筋が集まっているため、伸ばしてあげることで、全身が「活動モード」になりやすくなるのです!

 

これもいたってシンプルな動作ですが気持ちの良く朝をスタートさせるになってくれます。

 

最後に

 

2回に渡ってアフリカでも可能な睡眠に関するノウハウを書きました!

 

最も実践しやすい内容なので、あとはやるかやらないかです。

 

毎日のちょっとした工夫で1日を気持ちよく過ごすか

ちょっとした工夫だから、甘く見て1日の多くの生産性を落とすのか

 

どちらが良いか見つめなおしてみてください。

 

あなたの睡眠と1日が良いものになることを祈ってます!

今日は読んでくださりありがとうございました!

 

▼参考文献▼

 

▼目的・目標を立てて行動することが苦手な人は必見▼




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。