【アフリカ生活感想記】半年経っても肥満にならない。なんで?ザンビア人が肥満になる原因はアレにあった。

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

本記事は久しぶりのネタ回です。

たのしんで読んでいってください。

 

2018年、年明けてザンビアに来てもう6月。

 

実は私、紆余曲折あって、ずっと現地人の校長先生宅に居候してるんです。

1人で住むよりは校長先生(公務員×年齢上はザンビアにおいて神)の家にいる方が安全性も完璧に近い。

 

先日、学校の先生と雑談してるとき

 

まだRunの家は決まんないね。年末になると一斉に引っ越す文化あるから、その時がチャンスだよ。まぁでも、強盗とか危ないことはよくあるから気をつけてね

 

Run
うん。今のままがいいから。大丈夫大丈夫

 

脅しをかけないでくれよと言いたい。。

スマホ、タブレット、PC盗られたらほんとに私の人生ヤバイ。

 

話を戻しましょう。

 

ザンビア人って、比較論ですが痩せ型は少ないんです。

むしろ結構ぽっちゃりorビッグ

 

女性は太ってる方がモテるらしい。

もちろん居候先の校長もパートナーも、まぁデカイ。

 

着いて初日に思ったわけです。

 

Run

現地人と一緒に飯食ったら太れるんじゃね?!

 

と。

 

しかし、現実そう甘くないです。

 

なんとザンビアにきてMAX13キロ痩せました、、、

意味がわからない。

 

ちゃんと現地人と同じタイミングで食を共にしてるのに、、、

 

本記事は

 

なぜ現地人と一緒の食事をしているのに私はみるみる痩せ、彼らぶくぶく太るのか

原因を突き止めることができたのでソレを紹介します。

 

ではいきましょう。

 

現地人と毎日一緒に食べてる食事紹介

 

主食はシマ

 

 

写真上部の白い塊がシマです。

トウモロコシの粉を混ぜて練って作ります。

だいたい1日で4シマくらい食べるので現地人と同じくらいの量を食べています。

ちなみに左がウインナーで右が草がトロついてるやつです。

 

結構味に飽きる毎日

 

痩せなくないので毎日欠かさず食べるのですが、やはり味には飽きるもの

どれくらいの頻度で飽きるかというと、皆さん白米だけで生活するのは結構辛いですよね?

 

その三倍速で辛い気持ちが襲ってきます

 

そこで活躍するのが3種の神器の1つであるのりたまです。

 

 

これを使うといくらかマシになります。

 

たまに食べれるのが

 

(もちろん殺して食べます)と

 

 

もともとボール入れだったのになぜか校長室で貯蓄されているバナナ

 

 

そして日本から持ってきた蜂蜜やサプリメントで健康を保ちます。

 

 

健康的には問題ないのですが、量が少ないせいもあって痩せる一方。

 

食べている量には差がないのになぜ、、私だけ

 

原因は間食のアレに原因があったのです。

 

彼らと私の間食の差

 

主な彼らの間食

 

 

コレです。

何かわかりますか?

 

ヒント

DCIM100GOPROGOPR1366.JPG

 

この両サイドに、そびえ立つ凛々しい草です。

 

私のブログのファンの方ならすぐにわかるかもしれません。

 

そうサトウキビ

 

 

 

爆竹で燃やして収穫します。

 

photo by Ryosuke

 

そしてこの躍動感でそのままバクリ!!

 

我々は1かじりで飽きてしまうほど甘いのですが、彼らは何本でも食い漁ります。

 

実はもう一つ。

彼らを太らせる要因があります。

 

コレです。

 

 

わかりますか?

そう。

覚醒za…

 

 

ではなく砂糖です。

 

この砂糖を水やコーヒーに

 

 

どっさり入れます(写真の量であれば15杯分といったところ)

 

この2つのこそが彼らをふくよかに変えてしまう原因だということがわかりました。

 

そりゃ食料がそんなになくても太りますわ。

 

どんだけ糖分の威力が半端じゃないか見せつけられましたね。

 

最後に

 

実は試しに一回だけ朝に超大量の砂糖が入れられたルイボスティーを飲んでみたんです。

 

私は夜以外は糖質を避ける人(GI値の急上昇のこと)なので、もう学校で朝のミーティングは眠すぎて意識がぶっ飛んでました

 

ぜひとも本記事を見て自分の肥満について気になっている方がいれば、糖について見直してみてください。

 

今日は読んでいただきありがとうございました!

 

▼その他アフリカ文化が気になる方は▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。