【悩める人は見逃し厳禁】人によって評価や言われていることが違うときに知っておきたい3つの考え方

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

最近同期からこんなことを言われました。

 

Runと直接関わってるザンビアいる日本人からRunのことを良く思ってる人がいない。

関わらなくていいって気持ちもわかるけど
なんかもったいなくない?

-中略-

プライド高すぎて絡めなくなるし、何も言えない

 

このようなことを直接言ってくれる人がいるのは嬉しいです。

有難いですね。

 

しかし、反対のことの方が比率的に多く言われているのも現実です。

 

あなたも経験ありませんか?

 

もう一つ例を挙げると

AとBの言ってること違うからどっちを信じて行動していいかわからん!

 

子供から大人まであるあるではないでしょうか?

 

本記事では

☑他人からの評価が違うときに何を考えたらいいのか
☑複数の相手から出された指示が異なる時の考え方

 

この2つについて事例を出しながら提案していきます。

ではいきましょう。

 

 

他人からの評価が違うときの考え方

 

持った方が良いマインド

 

はっきり言ってしまうと、動揺する必要も落ち込む必要もないです。

 

四面楚歌なら考えものかもしれませんが、少しでもあなたのことを支持してくれる、応援してくれている方がいるのであれば、それでOK。

 

嫌われてナンボ

 

それくらいの気持ちでいる方が楽です。

 

しかし、知っている方も多いと思いますが先日、福岡市の繁華街で有名ブロガーさんが殺害されました。

 

犯人の動機は恨みを持っていたから

 

だそうです。

 

なので、嫌われることを前提に動いても、恨まれる言動は改めた方が良いと言えるでしょう。

 

自分のことをどれだけ理解してくれているか考える

 

生きていればもちろん色んなことを言われますよね。

どんなことを言われても受け取るか受け取らないかを決める最後の砦はあなた自身です。

 

なので、基準を持っておきましょう。

 

私を例にとると見出しにも書いていますが

 

どれだけ私のことを理解している・してくれようとしているかで決めています。

 

感情任せな否定
☑深みのない批判
☑根拠のない薄い言葉

 

これらに該当する言葉は切り捨てていいです。

この3つはあなたのために言っているのではありません。

 

あなたに嫉妬しているか、成長を阻害したいだけです。

 

本当に理解してくれている方なら必ず、背景・意図・理由がしっかり論理的に組み立てられてあなたに届くはずです。

 

 

複数の相手から出された指示が異なる場合の考え方

 

優先順位を考える

 

まず考えるべきは期限です。

次にどちらを優先したら面倒臭い方向に行かないかを考えるようにしましょう。

 

仲の良い上司と仲の悪い上司に言われたことが違えば、正直に仲の良い上司に言ってしまうのもありです。

 

Run

ちょっとAさんから頼まれたことあるから、すいません。

最低限やれることはやっておくので、Aさんの方優先さても良いですか?

 

このように正直に伝えて怒られたことはありません

 

仲の悪い上司が皆んなから理不尽だと思われていれば、思われているほど正直に言った方が良いです。

ここで一番だめなのが、どちらにも何も言わず、すべてが中途半端になって双方の信頼を失ってしまうこと

 

これだけは避けるようにしましょう!

 

優先順位が同じレベルだったら?

 

では優先順位すら同じレベルだったらどうしましょう。

 

言ってることが違うんだけど、どちらともめんどくさくなりたくない。

どちらにも怒られたくない。

 

こんなシーンでも嘘をつくことは後々メッキが剥がれていくので正直にいきましょう。

Run

Aさんからはこのように言われたのですが、どうしたらいいですか?

 

正直に、伝えてしまいます。

そして言われたこともメモして、最終確認も一度しておきましょう。

 

この
☑メモする
☑最終確認する

 

って言うのが証拠にもなるし、きちんとタスクをこなそうとする信頼に繋がります

 

私の場合極端な例になるのですが、あまりにもコロコロ変わることが多かったので、言われたことを確認しすぎて

 

もう確認そこまでしなくても、できるだろ!

何年たってもわかんないのか!

 

と言われたので

 

Run

だって何年たっても言うことがコロコロ変わるんですもん。

双方がイライラするより今確認した方が、お互いのためになりません?

 

と伝えると、上司の言葉が一貫性あるフリに変わっていく経験もしました。

 

このように正直に

Run

あなた方の指示が異なりすぎて部下の信頼が薄くなってますよ

 

と伝えることも職場が好きなのであれば愛です。

 

 

最後に

 

まとめますと

☑嫌われてもいいけど恨まれないこと
☑本当にあなたのことを思っているなら抽象的な言葉はこない
☑優先順位を考える
☑迷ったら正直に伝える
☑メモと確認が信頼をつくる

 

好かれようとする努力をする必要はないですが、言われたことや指示されたことが相反していても、やろうとする努力を見せることで、ポジションは確立していきます

 

ちょっとした積み重ねが信頼に繋がり、のちに自由に発言しても、行動しても好き勝手が効くようになっていくものです。

 

ぜひ小さなことから実践していってみたください。

 

今日は読んでいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。