【アフリカ生活感想記】協力隊のシニアは老害ゼロプライドが低い年配が最強って話。

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

 

こんにちは。Runです(@zambian _run)

 

最近、ホームステイ先の子供が部屋に勝手に入ってきては悪戯をしてきます。
可愛いので遊びますが、、

最近は悩みものな毎日です笑

 

 

さてさて、

最近巷でよく「老害」という言葉ききませんか?

 

 

簡単にいうと凝り固まったプライドと古い常識を若者に振りかざしてくる人のこと。

 

 

「老」って書くと高齢者なイメージですが、感覚的にクソ真面目な20代後半から40代も相当ヤバいと感じてます。

 

 

2週間ほど前にザンビアにて日本人が軽く集まる機会にクソ珍しく参加したところ

50歳以降のオイチャンたちの話がクソおもろかった。

 

 

これは訓練中も薄々感じていたのですが

 

協力隊に参加するシニアに老害ゼロ説が浮上してきました。

その所以を本記事でシェアしていきます。

ではいきましょう!!

 

 

40歳〜で発展国に挑戦する人は見た目も心もカッコ良すぎな件

 

40・50代で来るのはまだ分からんでもないですが、60代以降で初海外で発展途上国に挑戦する人がいます笑

 

しかも7回受けて、やっと来れた人とかです。

そんな人は少年心に溢れてます。

 

 

見た目も
−10歳以上若く見える!

 

 

訓練中も60すぎのシニアの方がいたのですが、その方は

☑若いときに船乗りとしてアメリカ全土を回る
☑全く禿げてない白短髪
☑顔クソイケメン
☑ムキムキすぎるくらいムキムキ
☑余裕で逆立ちかまして来る
☑朝のランニングに新卒男勢に負けないスピードで走ってる

 

 

ハイスペックすぎる。。

 

挑戦した理由は

 

いや〜また挑戦したくなっちゃってさ

はいカッコいい。

 

 

やはり年齢に沿ったカッコいい見た目になる方法は

☑常に好きなことと挑戦を続ける
☑食事に持論がある
☑定期的な筋トレ

 

これです。

確定。

 

 

若者の最新の情報を、やたらと聞きたがってる件

 

漏れなく一流の人は聞いてきます。

☑若者に何が流行っているのか
☑どんなSNSを使っているのか
☑FBは若者にとってどのような存在なのか

 

 

などなど、職種によるところもありますが高い確率で聞かれてきました。

 

共通して言えることは

最新をインプットしながら、過去の成功体験や歴史からみる成功則に従って、生きているようです。

 

 

彼らが話すことが有益すぎる件

 

中でも注目したい職種は

経営管理
☑建築

 

 

この2つの職種で発展途上国に来ている人の話はめちゃめちゃオモシロイです。

☑アフリカの経済の流れ
☑中国人の動向
☑注目したい投資先
☑どういうビジネスがアフリカで通用するか
☑日本のどこの企業がアフリカ進出を考えているのか

 

 

などなど、最年少である私が目を光らせて聴くとドンドン話してくれます。

 

もともと日本でコンサルしているような一流の方が無料でバッコリ話してくれるので若者はマジでチャンスですよ。

 

 

注意
もちろん守秘義務があるところは教えてくれません。

 

 

否定やネガティブな言葉が全くない件

 

全く愚痴がない

 

やはり、シニアで挑戦心溢れているということなのでタダで人生生きてません。

 

生きた年数も長い上に、その質も高い人たちなので引き出しが多いわけです。

どんな都合の悪い状況になっても次の一手を持ってます。

 

多様性もあるので、結果的に文句につながらないわけです。

 

 

出てくるのは

こういうトラブルがあったから、こんな対応ができて、結果的に成功したんだよね。
次はアレを狙ってるよ

 

 

みたいな。

余裕があって、話し方が堂々としてます

まさに見習うべき人間像です。

 

 

最後に

 

かなりサクッとして内容ですが、まとめると

 

生きた年数×過ごした時間の質の高さ×挑戦心×余裕=最強

 

コレっすね。

 

好きなことをしながら、好きなことに関する困難にブチ当たりまくる。

これが根本における大切なポイントです。

 

 

さあ!
あなたも私もカッコいい年の取り方して生きましょう!

今日は読んでいただきありがとうございました。

 

アフリカ生活のすべてはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。