【あなたはどう思う?】良い先生は働き方改革・教育改革が起これば増えるのか

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

 

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

 

いよいよ2018年の2/3が終わります

年始に立てた2018年の目標は達成できそうですか?

 

 

働き方改革

 

 

誰しも2018年になって1度は聞いたことがある言葉ですよね。

結局、改革という改革はなくて時間が作れてない人は多いのではないでしょうか?

 

 

働き改革が叫ばれているのはサラリーマンやOL業界だけではありません。

教育界でも毎日のように嘆かれています。

 

 

・もっと自分の時間が欲しい

・もっと自分自身が勉強できる時間が欲しい

・身バレすると色々リスクがある

 

 

と。

このように時間的、身分的な拘束が強いこともあって教員を目指す若者も減ってきています。

 

 

Run

どうにかならんものか..

 

 

そうかんがえていたところに、こんなツイートを見かけました。

 

 

 

このツイートを見て私は

Run

本当に自動的によくなるのだろうか

 

 

と疑問に思いました。
そこで、本記事ではタイトルにありますように

 

良い先生は働き方改革・教育改革が起これば増えるのか

 

 

この件について触れていきます。

 

 

ではいきましょう!

 

 

教育が良くなるには良い先生が必要

 

まず、大前提ではありますが教育を良くするためには、それなりの人材が必要

 

学歴だけでは賄えないような人間性も含めて。

 

しかし、良い人材ほど他の業界に流れてあり、自ら経済圏を作っていく人が増えているのが現状です。

 

良い人材を大学での講義や教育実習を通して獲得する工夫を必要ですが、そこよりも既に現場に就いている先生が、レベルアップする必要があります。

 

 

しかし、学ぶための時間がなかなか取れないのが現状。

 

時間をクリエイトする方法はコチラ👇

今の仕事辞めたい?ほんならアフリカでゆたっと暮らす私が「コレやったら人生変わった!」って行動・方法を教えます!

 

良い先生が増えるには先生に時間とお金を与えることが必要

 

 

となると、やはり良い先生を増やすには、先生に時間とお金と言った待遇を強化する必要があると思います。

 

一流を目指す・本気で先生という職を愛している人と、そうでない人の夏休みの過ごし方を、時間セレブである私が観察してみたところ(約200人の先生を見させていただきました)

 

面白いくらい差別化することができました。

 

教育をよくしたいと考えている人

☑︎ここぞとばかりに面白い授業や教室でできることを考えている

☑︎旅をして2学期から子供たちにどのように落とすか考えている

☑︎30冊以上読書をする

☑︎オンラインで知り合った先生と会いまくって勉強会をしている

☑︎普段できないことをやったり、行けない場所に行った際は教育目線に立って発信している

☑︎早く2学期で実践したくて仕方ないと思っている

 

教育についてそこまで考えてない人

☑︎大学生の時のような遊びしかしてない

☑︎「暇」という言葉を連発

☑︎とりあえず地元最高

☑︎「あの時に戻りたい」連発

☑︎2学期のスタートが嫌で仕方ない

 

これくらい差別化できています。

 

要するにこういうことです。

 

 

“普段使うことがない” と言って貯金できているお金と夏休みで時間ができたとしても、

 

教員という職に対しての心構え・生き方

 

これらに真摯に向き合ってないと何も変わらない。

 

なので、働き方改革はもちろん必要ではありますが

 

☑︎仮に時間とお金ができたら何がしたいのか

☑︎時間がない状況で自分の望む行動をするためにどれくらい足掻く事ができるのか

 

 

この2つを常に考えておかないと社会が変わっても、あなたは変わることはできません

 

 

教育改革が最優先されて負担が増えている現実

 

 

本記事を書くキッカケになったツイートをもう一度載せます。

 

 

私はこのツイートに賛成です。

 

正確に言うと

 

働き方改革=教育改革

 

と言うよりは

 

生き方改革⇨働き方改革⇨教育改革

 

だと思います。

 

ですが現状私が見ている限り

 

教育改革⇨疲弊増進

 

ではないでしょうか。

 

先生の働く環境や、教員養成機関が十分でないのに、追い打ちをかけるように先生の負担を爆増させていますよね。

 

これだけインターネットが発達して、誰でもいつでも誰に対してでも意見が言える時代なのでもっと大きなムーブを起こすことができると思っています。

 

平成が終わる節目の年、

 

本気になって変えるムーブを起こすことができなかったら向こう30年また変わらないのでは。

 

そう考えたらゾッとしますよね。

 

あなたは、何をすれば、何が起これば先生が思い切って働くことができて、子供も楽しく成長できるようになると思いますか?

 

 

今日は読んでいただきありがとうございました!

 

教員を目指す学生の方は見てね👇

【最新版】教員志望者が先生になる前にやっておくべき7つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。