【親が過干渉でめんどくさいと無視される!?】あなたの親としての役割・子供との関わり方は大丈夫ですか?

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

 

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

こちら、当分の取りすぎで7ヶ月前はちょうど良かったTシャツがチンチクリンになってしまったホームステイ先の子供のダリ君です。

 

 

最近はホームステイ先のママには真顔で

 

ママ

ダリは他の2人の子供と違って本当にクレイジーで手に負えないから日本に連れて行って!

 

 

って真顔で言われますw

親の立場でも、教師の立場でも子供と関わるのは楽しいものです。

 

 

悩むこともありますけどね。

 

 

“子育て”といえば!

一週間ほど前にこんな記事を見ました。

 

 

イギリス国立児童発達研究所が30年間に渡って行った、7歳・11歳・16歳の児童17,000名を対象にした追跡調査のデータを、英オックスフォード大学の研究チームが分析した結果

 

 

成長期に父親とよく交流する子供は

☑非行に走らず学業成績が優秀

☑人間関係が良好

☑新しいことへの挑戦心・達成意欲が高い

 

 

このような特徴が見られ、成人してからは「自身の能力を発揮する職業につき、結婚して幸せな家庭を築く」という傾向が強く見られたという結果がでています。
さらに、

 

 

子供が生まれた直後から、父親が十分に育児に関与すると、子供に良い影響を与えます。

具体的に礼をあげると

生後7ヶ月の時点や生後3歳の時点で、子供の言語発達はより良好となり、子共はより高い知能指数IQを持つようになる結果が出ています。

(参考:HOTNEWS)

 

 

また、母親には

 

 

子供は常に母親の感情に注目している。

自分への接し方も含めて微妙な違いを察知できる。

母親は子が最初に接する人間なので、将来作り上げていく人間関係の土台が母親との関係によって決定されます。

(参考:先祖を知れば未来が見える)

 

 

 

子供と関わりすぎても子供は自立しないし

かと言って関わらないと非行に走る可能性も高いです。

 

さらに関わらない態度も子供は敏感に察知します。

 

温度感、距離感を親が知っておかないと子供が自立しない、反対に非行に走る可能性が出てきます。

 

本記事では“子供との距離感と役割”にフォーカスして

 

私が実践してきた・私が子供の頃にして欲しかった親の像をもとに書き進めていきます。

 

それではいきましょう!

 

まずはやりたいことを尊重してあげよう

 

子供

やってみたい!

 

大切にしてあげてください。

 

☑︎なぜやりたいのか

☑︎誰とどこでやりたいのか

 

などなど、どんどん掘り下げながら聞いてみると子供の話す力、考える力も深まって家族のとって有意義な時間になることは間違いありません。

 

大人のエゴでチャンスを潰すのだけは避けて欲しいです。

 

金銭的な面や、習い事先の規則を嫌う親は少なくありません。

 

 

このような悩みを抱えている方に提供できる私なりの解決法は

 

解決法

☑︎YouTubeを使って映像学習を勧めてみる

☑︎Instagramやココナラ等のアプリを使って個人レッスンを探してみる

この2つが一番コスパが良くて特にルールに縛られることなく好きなことを学ぶことができるのではないかと思っています。

 

 

しかし、YouTube学習は特に、お子さんの熱意が大きくないと難しいです。

 

 

他の動画を見たくなる誘惑もありますからね。
お子さんの熱量に合わせて適切な手段を取ってみてください。

 

以外とアプリやブログ、SNSを通して個人単位であらゆるレッスンを提供している人は多いので、親がアンテナを張っておく、このようなサービスがあることを知っておくのは損ではありません。

 

こんな言葉使って可能性潰してませんか?👇

「迷惑かけるな」という呪い

 

微妙な変化があれば一言かけるだけでいい

 

 

全く気にかけないと

全然気にかけてくれてないんだな。。

 

 

いくら思春期や反抗期を迎えた子供でも、簡単に気にかけてくれるのと、全く反応してくれないのとでは親に対する印象が違います

親は子供にとって、万人といる大人の最後の拠り所です。

 

 

ほんの一言

 

どうかした?

 

これだけでいいです。

深追いするとウザがられますからね。

 

 

絶対的な確信があったとするなら時間をおいてもう一回聞いてあげてください。

そうすれば答えてくれてます。

 

 

 

間違っても、気が早まって声を大きくして

隠したらダメよ!!

なんでも言いなさい!

 

 

これをやっちゃうと二度と言ってこなくなる可能性が高いので、、禁じ手です。

 

 

子供の少しの変化に気付き、少し声をかけてあげることを繰り返していけば、自ずと子供に安心感ができるので、本当にピンチと思ったら自分から相談してくれます。

 

声かけに悩んだら👇

【知らないと子供との関係が危うい?】子育てに悩む大人が子供にかけてあげるべき言葉7選

 

教えるより伝わるように動く

 

 

誰しも知っていると思いますが

 

勝手に主導権取られて教えられる

 

より

 

自分で選択して、自分で調べていく

 

後者の方が効率もよければ、伸びも違う。

 

 

こんな体験をしたことありますよね。

 

子供ももちろん同じです。

 

 

一番嫌がられるのは、親である自分が果たせなかった夢を子供に投下して教えること。

 

叩かれるの覚悟で言いますけど毎年甲子園で流れますよね?

 

 

甲子園に行けなかった親父の夢を叶えるーーー

 

みたいな美談。

 

否定するつもりはありませんが、これはあくまで子供が選択したからこそ成し得た事例です。

 

自然と家族の中に親であるあなた自身の、散った夢が浸透するならいいでしょうが、無理やりブチ込むと子供は親を嫌いになります。

 

細心の注意を払ってください。

 

 

話が少し逸れたので戻します!

 

 

では教えるのではなく伝わるようにするとはどういうことなのか。

 

簡単に言うと、親が

 

☑︎頑張り方

☑︎調べ方

☑︎話し方

 

なんでもいいです。

人生を楽しく、プラスに持っていく方法を子供に見せること。

 

子供は真似てきます。

 

興味も持てば自分から、自分なりに考えた質問を投げかけてくれるようになります。

 

子供自身が伸びることは間違いありせんが、親自身も嬉しいですよね。

 

 

濃密で、自分で一生懸命考えた後に自分の言葉で質問してくるのですから。

 

魂が籠ってて胸が熱くなります。

 

この教えるより伝わるように接することに関してはコチラの映画”バケモノの子”が完璧に物語化してくれているので、見たことないことは強くオススメです。

 

 

最後に

まとめです!

 

①まずはやりたいことを尊重してあげる

②微妙な変化があれば一言かけるだけでいい

③教えるより伝わるように動く
簡単で当たり前のようで、実はできてなさそうなことをピックしてみました。

 

この3つの背景には、

 

実際に私が子供に対して行っていることで手応えがあることで、私自身が子供の頃に望んでた親の姿です。

 

賛否はあるかもしれませんが、もしあなたが子供に対して実践できてないと思うのであれば、少しずつやってみていただきたいです!

 

 

今日は読んでいただきありがとうございました!

 

PS

 


2018年8月いっぱいまで、お気に入りの本を無料プレゼントする企画をやっています!

 

30冊あって、倍率はかなり低いですW

フォロワーさんは送料無料でやっているので、マジでただの本気のプレゼント企画でございます。

 

 

お時間ある方はTwitterから応募お願いします〜〜〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。