【最新情報アリ!】青年海外協力隊になるにはいつ頃がベストなのか答えます!

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

 

 

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

様々な人が、しつこいくらい発信していたり、学校の授業で取り扱われることもあったりして

知ってる方が多いであろう”青年海外協力隊”

 

 

しっかり発信している方に来る質問の1つに

 

青年海外協力隊っていつ頃参加するのがベストだと思いますか?

とりあえずは就職するつもりなんですけど

 

 

という質問があります。

私自身も数回受けたことがあります。

 

 

本記事では、

 

スタッフから聞いた最新の情報、そして現役隊員の人から聞いた情報も含めて

青年海外協力隊にはいつ頃参加するのがいいのか

 

について言及していきます!

 

それではいきましょう!

 

 

まずは結論!

 

 

行きたいと思ったときに行く

 

その由縁を今から説明します。

 

早速応募する?👇

青年海外協力隊に新卒大学生で合格した男が語る試験内容とは?

 

なぜ行きたいと思ったときに行くべきなのか

 

 

後回しは絶対やらなくなる

 

当たり前のことですけど“やりたい”って思ってるだけでは確実にやりません。

熱量が下がります。

 

 

とは言え、もしもあなたが就職して、なかなか融通が効かないのであれば直ぐに応募するのは難しいでしょう。

 

 

そういうときは

☑就職先に協力隊に行きたい意思を伝える

☑退職するにはどのような手続きすればいいか聞く

 

 

このように、応募する前の準備は今すぐできるはずなので、できることからやってみてください。

 

 

この“できることからやってみる”という精神は合格後に必ず必要になってくるスキルなので、そもそも、これができない限りは合格したとしても

 

その後の訓練や実際の活動が始まったときに、あなたが潰れてしまいます。

 

怒涛の訓練内容はこちら👇

【どこよりも詳しい】青年海外協力隊の合格者が語る派遣前訓練の感想と必須の持ち物とは?

 

そもそも倍率高くて合格率が低い

 

数年後に協力隊を目指そうとしている人に伝えたい言葉です。

 

落ちたら受け直しますか?
挑戦するの辞めますか?

 

数年プランで準備して、試験に落ちて、お先どうしよう!

 

このような状況に陥る人は、実は少なくありません。

 

 

聞くところ5回、6回試験を受けて合格する人も多いです。

 

なので、数年準備して

“今”受からないとやばい!

 

という状況下で受験することはオススメできません。

 

 

☑数回受ける覚悟がある

☑1回勝負で落ちても修正できるプランがある

 

私は上記の2つどちらか準備しておく必要があると思います。

 

 

はっきり言って受かる基準は多種多様で運も必要。

ハッキリしないからこそ、如何なる状況になっても後悔しない準備が必要なのです。

 

参加したらどうなるの?👇

【現役隊員が語る】青年海外協力隊として新卒が海外で働くメリットとデメリットを公開!

 

制度が変わる可能性がある

 

 

現在は少し回復したようですが、現在JICAは極寒の予算不足を強いられています。

現地にいると感じるのですが、本当にありとあらゆる行事や制度を変更して予算を削減中です。

 

 

最近ではシニアボランティアがなくなることを聞きました。

 

シニアボランティアは我々、青年海外協力隊と比べても桁違いに待遇が良くてお金が掛かってます。

そこを無くし、一括”青年海外協力隊”という括りにして、予算削減を狙ってるようです。

 

 

また、教員の方に設けられている制度で“現職参加”というものがあります。

 

これは簡単に説明すると、

教師を離職することなく、教師のまま海外に行くという制度

 

 

JICAから現地生活費を含む補助金などを受け取りつつ

教師としての給料を自治体から、そのまま受け取ることができます。

 

 

つまり、あなたが合格して海外に住めば海外の口座にJICAから支援をもらいながら

日本の口座には日本で働いていたころの給料が入るということです!

 

 

いやー羨ましいですねww

めっちゃお金もらえますやん。。

 

しかし!!

 

 

この制度もなくなる可能性が出てきてるようです(これは可能性の話)

 

というのも、この現職制度の給料を出す割合は

自治体7割
JICA3割

と聞いています。

 

 

ご存知の方は多いかもしれませんが、

日本が教育に出している公的支出は2.9%と先進国最下位をキープしています。

 

 

中には青年海外協力隊協力隊を受けるための試験を設ける自治体もあり

学校に参加したい意志を管理職に伝えると、めちゃめちゃ渋られるのが現状。

 

 

そんなドケチな日本教育界は7割も、お金を出すことを嫌がってるようで。。

JICA経費の削減も含めてなくなる可能性が最近浮上していることも最近耳にしました。

 

 

現状、制度自体は窮屈な面は多々ありますが、金銭面において変更はないので、特に新卒の方や新米教師で参加を希望している人は

早めの参加をオススメします!

 

気になるお金に関する情報👇

青年海外協力隊で頂けるお金・給料でついて

 

最後に

 

いかがだったでしょうか。

答えはシンプルでしたね。

 

やりたいときにすぐやる。

 

これに尽きます!

 

以下の記事は実際に渡航するまでの道のりや渡航後の生活についてまとめているので是非読んでください!

 

今日は読んでいただきありがとうございました!

 

青年海外協力隊に英語のレベルや資格や経験はどれくらい必要なの?

青年海外協力隊として現地でホームステイ経験している男が家の紹介と感想を言うよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。