【初めての大冒険】西日本縦断を自転車で旅した感想と必須の持ち物

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

 

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

 

学生と言えば、自由に使える時間がたくさんあります。

その中で1回は界隈で流行るのが「旅」です。

 

 

あなたの周りでも今、流行ったりしてませんか?

もしくは流行っていませんでしたか?

 

 

☑海外渡航

☑ヒッチハイク

☑チャリ旅

 

 

そう。

 

チャリ旅がやっぱり1番流行りますよね?(ただのデタラメ)

チャリ旅したらモテますよね?(寧ろ引かれる)

 

 

ということで本記事では18歳のころ挑戦した自転車で福岡から西日本を縦断した時の話を、ドップリと書いていきますので

楽しんで読んでください。

 

 

次に挑戦する人の役に立つよう意識して書きますが、書き抜けがあって疑問が残ったら問い合わせ待っています。

 

それではいきましょう!

 

 

オススメの季節と必須の持ち物

 

 

オススメの季節

 

3月〜5月or10月

 

大変過ごしやすい時期なのでおススメです。

最悪野宿しても寒すぎることはありません。

 

 

10月は恐らく学生さんは休みではないでしょうから、春休みの3,4月この辺りがベストと言えるでしょう(3月頭は寒いです)

 

 

必須の持ち物

 

 

リペアキット類

 

 

運次第ですが、パンクは必ずします。

 

もちろん近くに自転車店があるとは限らないので自分で直さないといけません。

必ず持ち合わせるようにしてください。

 

 

 

 

アクションカメラor自撮り棒

 

 

これは私が個人的に持ってなくて後悔した物です。

やはり大きなことをやっているからこそ記録に残しておきたいですよね。

 

自分はただ、本能のままにやりたかったので、そんな頭がなかったです。

 

なのでこうやって発信しているのんも時間が経っているし、写真もほとんどありません。

今後挑戦する予定がある人は、用意しておくといいでしょう。

 

 

 

 

詳しくは以下の記事に載せているので、予定がある人は必ず読むようにしてください

関連記事:自転車で旅する時に知っておきたい7つのこと

 

福岡市から防府市へ

 

 

いよいよ初めての大きな挑戦。

 

九州を自転車で出るのは初めて。

道のりも初めてです。

 

 

この日は最終的に151キロ進みましたが、当時はどこまで進むなんて決めてませんでした。

 

その日の目的地に関しては正直決めなくてもいいです。

行けるところまで挑戦してもいいし、早く着いても目的地で止まるのも、体調や天候に合わせていいです。

 

 

まずは関門海峡がある、北九州に向かいます。

 

特に山はないのですが、重量トラックがガンガン近くを猛スピードで駆け抜けるし、道は狭い。

結構怖かったです。

 

 

そして、数回道に迷いましたw

当時スマホのマップもろくに使ったことなかったのでコレも勉強ですね。

 

 

そして遂に九州を出ます。

 

 

山口県です。

ここから相方の、ど変態性を初めて目の当たりにしました。

この日の最終目的となった防府市までの道のりは平坦のみ。

 

 

まだまだ余裕の2人

 

時間も追い込まれてたわけではありませんが

相方めっちゃ飛ばすww

 

 

コレまで一緒にバスケをしてきたので、そのフィジカルの強さは知っていましたが、私もスタミナには絶対的な自信がありました。。

しかし追いつけない。

平坦なのに彼の背中が見えない。

そんなシーンが何度も続きました。。

 

 

夕方になったところで、そろそろ宿舎と飯を食える場所を探すことに、めちゃめちゃど田舎で何もなかったので、近くにいた子供に聞いて牛丼を食べ、

寺と知らない民家のインターホン押して頼んだものの断られ、、

私の心は折れましたw(相方はもっと頼み込んでいいような様子だった)

 

今思い出すと18歳のころ(いまから5年前)の自分は甘ちゃんでしたね。

 

 

当時はどこでも寝れる精神がなかったので、毎度2500〜3000円程度のホテルにとまってました。

 

 

何とか初日終了。

もう疲れ切った記憶しかありません。

 

 

防府市から広島市へ

 

 

さあ。
朝です。

6時ごろスタート。

くそ寒かった。

本当に寒かった。(3月は朝と夕方くらいから冷え込む)

 

 

筋肉は固まりまくって、激痛です。(ストレッチは必ずやろう)

そして、おはようございますと言わんばかりにいきなり長い傾斜も酷い坂道。

 

正直、帰りたいとすら思った。

それでも相方は電動自転車と疑うくらいの安定感で山を登っていきます。

嫌でも追いかけないといけません。

もう汚い言葉を叫びながらついていきますが、相方はイヤホンをつけてルンルン登っていく。

ついに置いていかれました。

 

 

 

登り切った後の広大な海原と、レトロな2両電車、そして朝日が私を迎えてくれました。

二日目にして、泣きながら下っていきます。

 

 

ようやく平坦。

岩国市に着きます。

忘れもしません。

これほど名前負けしてない街はないでしょう。

 

 

馬鹿げた坂と山が連発。

本当に馬鹿げてました。

挑戦する方は覚悟してください。

 

 

岩国市にある錦帯橋

 

 

そして、いつの間にか広島県に到着し、定番の厳島神社です。

これまでの疲れが少し癒されました。

 

海の中にある鳥居はなんとも不思議な光景。

あそこ食べたつくねが忘れられません。

もう一回食べたい。

 

厳島神社を尋ねたら必ず食べてください!

 

 

この日進んだ距離は112キロ。

 

 

流石の相方もヘトヘト。

個人経営されてる、お好み焼き店でたっぷりサービスしてもらい

外人ばかりのドミトリーで1泊しました!

 

長旅するときは個人経営店に入ると割とサービスしてくれたり

話が盛り上がったり、フレンドリーな方が多くておすすめです!

 

広島市から岡山市へ

 

 

この日も6時ごろスタート。

このころは、ノーブランドのクロスバイクと、普通のショーツで挑戦していたので

 

 

☑お尻に激痛(切れ痔)

☑手をグーからパーにできない

 

 

という初めての経験を雪が出迎えてくれました(3月)

寒いし、だんだんみぞれになって濡れるしで、最悪のスタート。

 

そして道に迷います。

マップで見ても路面の地図を見ても意味がわかりませんでした。

 

 

なんで意味がわからんかったか覚えてませんが

いつもは海沿いに沿って進んでいましたが、わかりやすい方向の先にあった東広島市に向かいました(海沿いなら呉市に向かいます)

 

 

東広島市も山が多かった。

というか中国地方は山が多すぎなんだよw

 

岡山市に到着です。

 

 

 

思った以上に岡山駅周辺は賑わってて、過ごしやすかったです。

 

 

道中にジーンズファクトリーというセレクトショップで初めて20000円のTシャツを買いました。

これがキッカケでシャツだけではなく、身に付けるものに一層拘るようになるキッカケになったんですよね。

お洒落に興味ある人はいろんなブランドを取り扱っているので、訪ねてみてください!

 

 

また、道中無料高速道路のような場所に間違って入ってしまって、警察から捕まらなかったから良かったものの

本気で怖い思いしたので、旅をする際は、標識に気をつけましょう。(我々が入ったところは標識がなかった)

 

 

この日進んだ距離は160キロ。

あいも変わらずビジネスホテルに止まりました!

 

 

岡山市から神戸市へ

 

 

 

快晴!!

 

 

神戸市を前に姫路市に向かいます。

 

写真が残ってなかったのですが道中のコンビニであったコテコテの関西のオバちゃんが印象的でした。

 

ピンクの豹柄のコートに、通常豹柄のハット。

元気な声。

 

 

大きな態度(良い意味で)で話しかけてきたのに、写真を一緒に撮ろうとすると、めちゃめちゃ恥ずかしがって逃げるような人でした。

 

 

旅の出会いって良いですよね。。

 

 

おばあちゃんとさよならした後は姫路城に!

 

 

 

一枚目を見てもらったらわかるように姫路城は工事中で、全くその姿は見えませんでした。

 

仕方ないので石碑とマスコットキャラとパシャリ。

 

 

 

姫路城を後にすると雨です。

もう、、気が萎える萎える。

 

 

この日は神戸の友達の家に泊まることを決めていたのでなんとしても神戸に辿り着かないといけませんでした。

 

走行距離は154キロ。

もう足は一周通り越して「無」です。

 

 

今日もトラックを横に、トンネルを潜ったり、無慈悲に山は出てきます。

 

雨は段々と強くなりますが、この日は明確なゴールが決まっていたので進むしかありません。

兵庫県に入ると急に街中に、路駐が増えてきました。

 

兵庫県に限らずなのですが、関西は本当に路駐が多い上にいきなりドアを開けてきます。

一度ぶつかりかけたので、関西を自転車で通る際は、細心の注意を払ってください。

 

いい加減雨が気に寝るようになったので、レインウェアを着ることに。

 

 

もってきたレインウェアは父から借りた

 

コレは俺が昔から使っていた高いやつだ。使えると思うから持っていけ

 

と言われたものです。

 

 

着用5分でビチャビチャに染み込んできました、、、

 

ナフコのカッパより効力なかったぞ。。

 

 

とてもじゃないけど、本気で風邪を引くと思ったので、近くあった阪急に入ることに。

この阪急。

とってもリッチなマダムやセレブが多かったんです。

それもそのはず。

芦屋という地域はリッチな地域なのです。

 

 

ものすごい怪奇な目で 見られました。

そりゃあ、10代の小僧が大荷物もって、全身ずぶ濡れで悲壮感あったら引くわな。

 

残念なことに、ノースフェイスしか店がなかったので、買うことに。。

初めての新品ノースフェイス。

高かったです。

 

少し値が張りますが、天候は読めないのでGore-Texのマウンテンパーカーや

防水効果のあるバックパックを用意しておきましょう。

メルカリだと比較的安値で売っているのでおすすめ!

 

 

新しいマウンテンパーカーも購入したところでどんどん進んでいきます。

豪雨すぎて、ゴアテックスではないパーカーもヒタヒタです。

飛ばしすぎると危ないので、ペースは落としながら着実に安全に進んでいきます。

 

 

そして、全身そしてバックの中も浸水しながらようやく神戸市に到着。

 

印象的だったのは、、すき家のバイトが日中でも時給1100円越えだったこと。

福岡市じゃ考えられない数字だった。

 

この日の夜は相方の友達の家に宿泊。

ずぶ濡れのまますいませんでしたああああ!!

 

 

神戸市から京都へ

 

 

さあ!ついにゴール予定日です。

この日の予定は80キロ。

 

 

晴れならイージー。

おテントさんは甘くなかったです。

 

この日も朝から豪雨。

 

 

それでも進みます。

正直毎日150キロ進んでたので楽勝。
最終日ということもあってアドレナリンもドバドバ。

 

 

雨は降ったり止んだりでしたが、山は出てきてません。

 

平坦ばかり!

 

それだけでも救い。

やっと、、京都駅に着きました。

 

 

ついた頃には晴れていて、、満足感でいっぱい。

みてください。

この目。

 

 

排気ガスで目が腫れ上がってたんです。

 

 

なので、サングラスがある人はつけることをオススメします。

 

この日はゲストハウスに宿泊。

 

京都駅で高いトンカツを食べました。

コンビニ飯ばかりだったので、なんとも言えない幸せ感に包まれ、、爆睡。

 

次の日は鉄板の観光です。

 

 

有次行ってきました!!

 

 

 

は??

 

 

有次?

 

 

そう。

 

 

包丁が売ってる店。

コレが目的で福岡から京都まで自転車できたんですよね。

 

 

ど変態でしょ?

 

 

相方曰く、、切れ味がヤバいらしいです。

 

 

料理通の人は一度尋ねてみるといいでしょう。

 

 

 

 

もちろん鉄板の清水寺にもいってきました。

 

姫路城と同じで思いっきり工事中でしたけどね。

 

 

縁をボソッと祈る相方

 

 

この日は友達の家です。

京産大の方に向かって少し移動。

泊めてくださる人がいるのはありがたいな。

 

 

 

今なら2人ともフォロワーさんの家とかいけそうな気がする。。

 

 

京都から大阪へ

 

 

この旅も残り2日となってしまいました。

京都から大阪は55キロ。

 

 

天候にも恵まれていたのでサクッとゴール。

 

 

 

やっぱり大阪、心斎橋、梅田あたりは桁違いですね。

大都会。

ひったすらウィンドウショッピングします。

 

 

実は私の1つの目的にチャンピオン大阪に行きたかったのです。

当時福岡にはまだ進出していませんでしたから。

 

大荷物を持って店に入ったので当然店員も食いつきます。

 

店員

どこからきたんですか?

 

Run

福岡です!
前から来たいと思ってて、福岡にチャンピオンの店ないじゃないですか?(満面の笑み)

 

店員
え!

明後日からオープンしますよ!大名に!

 

Run

・・・・

まじかよ

 

 

嬉しいけど、だいぶ複雑な雰囲気になりましたよね。

 

 

さて、今夜はカプセルホテル。

生まれて初めての経験でした。

男まみれだったので不思議な感じ。

 

 

大阪から福岡へ

 

 

最終日です。

 

この日はもう港に向かうだけ。

帰りはフェリーで戻ることは決めてました。

 

 

意外と福岡って旅しやすい拠点なんですよね。

四国も関西もフェリーでサクッといけますからね(北九州まで行かないといけませんが)

 

船にのる相方

 

最後に

 

 

今回の旅は天候的なトラブルはたくさんあったものの、パンクはそこまでした記憶がありません(忘れてるだけかも)

 

パンクした場所によっては絶対に自分で直さないといけないシーンもあるので、挑戦する前に必ず、YouTubeで勉強するか。近くの自転車店に習いに行ってください!

とっても大切です。

 

 

初めての長い、そしてリスクの大きい旅だったので得るものが本当に大きかったです。

全てが新鮮で、自分の甘さを痛感しました。

それは相方も同じようです。

 

 

以下の2つは、その1年後に2人が別々に挑戦した旅。

ストーリー性があって面白いです。

 

 

お時間あれば読んでください!

確実に旅に出たくなります。

 

 

特に10代!

 

やってみよう!

旅行じゃなくて、あまちゃんな旅じゃなくて、本気で自分のギリギリを攻める旅。

それこそがあなたを変えてくれます。

 

今日は読んでいただきありがとうございました!

 

 

第2回目の私の挑戦👇

【やれるもんなやってみな!】福岡から四国一周を自転車で成し遂げた感想と必須の持ち物

 

第2回目の相方の挑戦👇

福岡⇨東京 チャリ旅の記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。