【教員が辛い・辞めたい人へ】病気やうつになる前に読むべき記事をまとめてみた

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

 

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

 

教員

 

そう調べると予測されて次に出てくるのは

 

辛い
辞めたい

 

 

このようなワードがよく出てきます。

この記事を読んでくださっている貴方ももしかしたら同じようなことを思っているのかもしれません。

 

 

本記事は、その気持ちに同情する記事ではありません。

 

 

教員生活を少しでも楽しくする

 

 

そのための記事です。

この記事が少しでも貴方にはなかった視点からのアドバイスになるよう願いを込めて書きまとめました

 

 

ほんの少し工夫すれば周りが変わっていくことから、自分自身をズバっと変える方法まで様々載せています。

 

 

貴方の状況に合わせて選び読んでみてください!

 

焦る必要も、過度な自己否定をする必要性もありません。

 

きっとまだ自分に合ったライフハックや手段を知らないだけかも。

この記事を通して見つかると幸いです。

 

ではいきましょう!

 

 

教員になる前にやっておくべきこと

 

 

こちらの記事は教員を目指す学生に向けた記事ですが、本質的に伝えたかったことは、社会に出た時に実践してほしいライフハックについてまとめました。

 

 

簡単に言うと

 

睡眠や、作業の仕方、目標の立て方などを見直し改善することで、最短であらゆる行動を濃いものにしてもらい

 

時間がないから、、

 

 

と言うような悩みを改善して貰いたく書いた記事です。

 

 

私もこの記事を実践して身につけたら教員をアフリカでやりながら、ブログも200記事(1記事あたり約2500字程度、時に10000字)を達成しながらも

睡眠時間は8時間は確保、体調は一度も壊さないような生活を実現しています。

 

 

 

確実に効果はあるので知らない人は損する前に読んでみてください。

 

関連記事:【最新版】教員志望者が先生になる前にやっておくべき7つの事

 

カメラでクラスも自分も楽しくする!

 

 

最近カメラにこだわりを持ってくださる先生が増えてきたので掲載しました。

 

持参のカメラを使えるかどうかは自治体や学校によるかもしれませんが使うことができたら、子供も先生も保護者も楽しくなると思います。

 

 

正直、学校のデジカメはスペックが低すぎますからね。

 

 

一眼レフやアクションカムで写真や、映像を撮って簡単に編集してプレゼントするだけで一風変わった先生に見られるだろうし

自分自身もクラスに愛着が湧いて確実に楽しくなります!

 

 

もし、自分の学校がカメラを使用することがするされているのならば、使ってみてください。

掲載している記事では初心者でも簡単に使いこなすことができるリーズナブルなカメラを3つ紹介しています!

 

 

関連記事:カメラ初心者におすすめしたい手頃なカメラ3選

 

 

指導力をあげて子供と保護者から信頼を得る

 

 

根本的な話になりますが、授業の質や、子ども一人一人との関わり方のレベルが上がれば信頼に繋がっていきますよね。

 

 

信頼ができると子供自身も自律して自分たちのことは自分でやるようになります。

 

 

すると、過度に教員が出なくてもいい場面が増えて、仕事の量が減ります。

 

 

逆に自律していないと、イレギュラーは増えるし、自分もあれこれと注意に目がいって精神的に消耗しきってしまうのは目に見えているでしょう。

 

 

そんな問題を解決するために、これまで自分が実践してきて成果をあげたノウハウを掲載しています。

自分のクラスや学年に問題があり、悩みを抱えている先生の助けに絶対になるので読んでみてください!

 

関連記事:指導者のあるべき姿と心構えについて

 

関連記事:【即解決する!】子供が言うことを聞かない悩みを解決する見直すべき3つの言葉

 

関連記事:【悪いところばっかり目がいってない?】海外の教育に携わって気づいた日本教育の6つの良いところ

 

服装で第一印象をグッと上げる

 

 

初頭効果ってご存知ですか?

人間は初対面の人を出会って6秒で大体のイメージを勝手に脳に擦り込むようになっています。

 

 

もちろん、後の内面的な良さを活かした関わり方も同じように大切ですが

見た目を磨くことも同様に大切です。

 

 

身体を鍛えたり、ダイエットをしたりするのは時間がかかったり、根気がいりますが、服装に関して言えば時間は全くかかりません。

 

買って着るだけです。

 

 

こちらに掲載している記事は検索すれば、googleトップに出てくるような記事なので多くの人に役立ってきた記事です。

 

 

男性よりな内容となっていますが、女性が着用しても全く違和感はないし、むしろメチャメチャかっこよくなります。

5分程度で読み終わる内容になっているので参考にしてみてください。

 

関連記事:教員にオススメの服装・ブランド4選

 

アンテナを高くしておくこと

 

 

教員といえば、あまりの激務に土日の時間も取られてしまうことも少なくなく、他の自分のやりたい勉強ができなくなったり、人間関係も閉鎖的になりがちです。

 

 

そんな中でも、教育以外の世界に目を向けることは自分にとっても子供にとっても大変重要なことであることは言うまでもないでしょう。

 

 

どこか遠くに出かける必要はありません。

高価なセミナーに参加する必要もありません。

 

 

1000円程度の本を買って移動時間に読んだり、SNSを使ってうまく使って生きている人をフォローして、ご飯を食べながらチラっと見るだけでも変わってきます。

 

以下の記事は、そんな激務な教職をこなしながらも視野を広く持って活動されている先生を紹介しています!

 

3人とも非常に面白い先生で毎日、教育のため、自分のために上手く時間を使っている方ばかりなので、最近閉鎖的でつまらないと思っている方は

 

こんな仲間もいるんだな。
私も頑張ろう

 

 

そう思える記事になっているので読んでみてください。

 

関連記事:【私を応援してくれる人を紹介!】教員としてのストレスはないのか!?不沈艦・井上先生を紹介!

 

関連記事:【私を応援してくれる人を紹介!】全く良い子ちゃん育ちじゃない先生を紹介すんぞ卍

 

関連記事【私を応援してくれる人を紹介!】SNS界NO.1イケメン小学校体育教員。その名もRAIZAP

 

 

本気で辛いなら転職もあり

 

 

さて、ここまで5つのことについて紹介してきましたが、それでも辛い人には辛いはずです。

そんな方に向けたメッセージも当ブログでは掲載しています。

 

子供は好きだけど学校にはもう行きたくない

 

 

そんな思いをしている人が、その後一切教育現場に関わらなくなるのは非常に惜しいことです。

 

 

恐らく、このような思いを掲げる人は

管理職を含む同僚教員との関係性がめんどくさい

☑保護者のクレームの多さに耐えられない

☑学級崩壊して行きたくない

 

 

のようなことが原因かもしれません。

 

 

でも子供と関わるような仕事はしたい。

そんな方に向けた記事です。

 

 

ここで一つ心に置いていて欲しいことは

公立の学校現場、クラスを持つこと、学校に所属することだけが教育現場ではないということです。

 

 

肌感覚ではありますが、日本人の大人は(特に教育関係者)

 

 

教育現場=学校

 

 

そう思っている人が非常に多い。

 

 

その感覚を打破して、あなたの転職を応援する記事ですので、何が何でも今の学校に居たくないと考えている人は読んでみてください。

 

 

関連記事:【教員から転職を考えている方へ】最新版!やめても大丈夫。学校だけが教育現場じゃない!

 

最後に

 

 

いかがだったでしょうか。

時間術

☑生徒との時間を思い出深くする術

☑見た目

☑指導力

☑視野を広げること

☑転職

 

 

これらについて紹介してきました。

 

 

最近は労働時間について裁判を起こした人もいて,教育現場も変わりつつあるような雰囲気はありますが

それまで待ちきれない人は可能な範囲で自分が仕事を楽しくできる工夫をしなければいけませんし

そこも万策尽きたら、次のステージの準備をしないとどうしようもありません。

 

 

 

その手助けになるように今回記事を書きました。

 

 

このほかにも学校で使える実践や時間術、オススメの本など聞きたいことがあれば、相談に乗りますので下にスクロールしていただいてLINE@にご登録ください!

 

今日は読んでいただきありがとうございました!

 

あなたも教員の再魅力化について考えてみませんか?👇

小学校教員採用試験の倍率が激減!?教員の魅力の再定義が必要。そして私から物申したいことがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。