海外・ザンビアでウケがよかった日本文化3選

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

留学や海外長期滞在を経験している人、したことある人なら聞かれたことが一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか?

 

外国人

日本の文化なんか教えてくれよ!

 

と。

 

意外と意識して考えてみると、パッと浮かばないものなのではないでしょうか。

 

例えば、、日本人の宗教観とか。

 

答えれますか?

 

本記事では、海外を旅、長期滞在して感じたウケの良い日本文化を紹介していきます。

 

もし、機会があれば参考にしてみてください!

 

日本文化を英語と一緒に学べる本はコチラ👇

関連記事:日本の良さ・歴史・素晴らしさを知りたい人、英語で紹介したい人に薦めたい1冊

 

ザンビア人の宗教観や日本人が言われがちな言葉を知りたい方はコチラ👇

関連記事:【出国する前の心構え】発展途上国が抱く日本の印象と日本人が言われがちな言葉

関連記事:【アフリカ生活感想記】日本人の私から見た宗教の怖さ。え!?全部アレのせいにしちゃうの?

 

空手・柔道系

 

Run

黒人なら皆運動神経がいい

 

そんな印象を日本人が勝手に思い込んでいるように、ザンビア人の彼らはすべての日本人が空手や柔道ができると思い込んでいます。

 

 

なので、それっぽい動作をすれば、めっちゃ喜ばれることは間違いないです。

ちなみにカンフーと空手と柔道の区別がついてない人が多く、インスピレーション元はジャッキーチェンやドラゴンボールをよく聞きます。(ザンビアの村でもドラゴンボールは上映中)

 

 

ソーラン節と阿波踊り

 

東南アジアではあまり聞きませんが、アメリカやザンビアでは

 

お前なんか踊れんのか?!

ってことはしょっちゅう聞くんです。

 

過去このようなことを聞かれた人がソーラン節を毎回踊っているからか、かなりの確率でソーラン節は周知している外国人は多いです。

 

なので、実際に目の目でやってあげると喜ばれるか、他にないか問われます。

 

もしも、他にないか問われて困った時に、簡単に紹介できるのが阿波踊りです。

 

 

 

めっちゃ簡単で、シンプルな動きなので外国人からもウケがいい。

どちらも日本人には馴染みがある踊りなので2つとも選択肢として持っておくといいでしょう!

 

 

精神面から見る国民性

 

 

ザンビアに長く住むと中国人と比較されることが多いのですが

 

よく言われるのは

☑︎よく働いてくれる

☑︎物の扱いが丁寧

☑︎精神が強い

☑︎礼儀正しい(腰が低い)

 

 

これを日本人が良いととらえるかどうかは別問題なのですが、少なくとも外国人で今あげた4つを日本人のイメージとして持っている人がたくさんいます。

 

なので、お辞儀をする文化や挨拶の仕方や仕事に対する姿勢を見せてあげると、前のめりになって話を聞いてくれます。

 

 

人によるところはありますが、このような精神的な面における日本人の良さを背中で語ることによって、今まで物事に対して、やる気のなかった現地人が真似して勤勉になったりするケースもあるので

 

言葉の面で悩んだ時は試してみるといいです。

 

 

番外編

 

自分がザンビアで現地人に対して、提供した範囲内ではありますが、日本食をプレゼントしたことがあるので、その時提供した品名とリアクションを紹介します。

 

梅干し・海苔・麺類

 

3種類すべて不味そうなリアクションをしていて、日を空けてからもう一度あげようとすると全力で嫌がられました。

どの食品も現地人にとっては未知の食感と味だったのでしょう。

かなり顔が渋ってました。

 

 

彼らの食生活を見て、実際に食を共にしてみて感じたことは塩っ気と甘さが強ければ強いほど好まれます。

もし、外国人に日本食をプレゼントする際は参考にしてみてください!

 

 

今日は読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。