ザンビアの村にいたのは別世界線の自分だった

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

たった今、ザンビアの村を去りました。

 

 

今日から10日間、首都で過ごし帰国後に展開したいことを改めて整理していきます。

 

さて。

本記事ではタイトル書いてある通り、SEOなんて全く気にしてない、村を離れた直後の自分の気持ちをストレートに書いてるんで、気軽な気持ちで読んでください。

 

ではいきましょう!

 

 

改めてなぜ今帰国するか考えた

 

はじめに言っておきます。

決してザンビアの村を人を嫌いになったわけではないです。

 

なぜ帰国するのか。

答えはシンプル。

 

 

自分にとって正しい場所で正しい努力をする必要がある、努力をしたい、人の役に立ちたい。

 

 

そう思ったから。

恐らく自分が大卒後に先生になって、何年か経験積んで、現職でザンビアに来てたら、1年で辞めてなかったでしょう。

 

 

協力隊の人の目を気にしてぺこぺこして、年功序列や上司に言いたいことも言えず、需要がないのに自分だけで張り切っては消耗する。

 

こんな感じの自分が想像できます。

 

私が帰国することを知って、村の人はそれはそれは残念に思っていたそうです。

 

 

学校としての形、教育観、そして個人の幸せの形が成り立っているので分かりやすく言うと、私は小中学校にいるALTのような存在でした。

 

貢献度で言うと、私は微々たるものだったと思ってます。

ただ、背中を見せてきただけ。

 

 

こんな具合だったので、もっと人に貢献したい、もっと広い範囲で動きたいという衝動をこの場所で消化することがてきなかった。

 

だから環境を変える。

 

これが全てです。

 

村や協力隊に属して見たのは大卒後に就職した自分の姿に限りなく近かったのだと思う

 

 

勤務してた学校は大体日本と似たような問題を抱えてました。

・ポジション
・現場と合ってない指導要領
・長い長い会議

 

もちろん、日本で就職した方が厳しくキツイ思いをしてたでしょう。

それでも、とりあえず現場にいたり、たまになら楽しいけど、毎日話すだけだったりが向いてなかったのです。

 

もし、日本で先生になっていたら、更に細かい手続きや、初任者という立場から大学で習うような多くの研修に行かされたりして、今のように授業をしながら、他の好きなことも極めていく作業を行うのは難しかったと思います。

 

 

更に、ホームステイの経験も非常に良かったです。

家族とwin- winの関係を築き、家のこと、学校のこと、自分のインプット・アウトプットのサイクルを回す練習になりました。

 

 

2歳の子供がいたのも良かったですね。

とにかく家を汚しますし、思い通りに行かなかったら泣く、夜も泣く。

そんな子供に大人のエゴを押し付けることなく、子供と接しながらも仕事をこなす。

 

 

フリーランスという道に進むための行動をとりながら

 

・大卒後に別の道に進んだ自分

・新たな家族をもった未来の自分

 

今と別の2人の自分を俯瞰的に日本ではまず、経験することができない貴重な時間となりました。

 

気持ちは5:2:3

 

楽しみが5割

 

次のステージに立つための帰国ですからね。

もちろん楽しみな気持ちが多いです。

 

やりたくても我慢してきたこと(不可抗力で)が多いので日本で爆発する自分に期待していてください。

 

寂しいが2割

 

何だかんだ泣けましたよね。

お世話になったんですから。

 

もう何度も遊んできたダリくんは最後の最後に駄々こねまくって、、笑ってくれませんでした、、

 

力不足が3割

Run

もっと◯◯出来たんじゃないか

 

そんな気持ちは一切ないです。

全てを出し切った上で、力不足。

 

別のステージに立てたときにまた成長したら戻ってくるよ。

 

最後に

 

じっくりまったり書いてると首都に着きました。

ただ、宿舎には着いてません。

 

もともと9時に着く予定が12時超えてます、、

オマケにスーツケース入れたトランクが開かなくて大変大変。

このブログは果たして今日中にアップできるのでしょうか。

最後まで裏切らないザンビア人笑

 

 

ありがとう。

そして、読んでくださった読者の皆さんありがとうございました!

 

ザンビアでの生活が気になる方は読んでください👇

【アフリカ編終了!?】青年海外協力隊を任期短縮したその後は?就職?出国準備を含む2年半の感想と本音を暴露

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。