男性と女性の脳の違いから見るコミュニケーションの取り方


↑このブログのスポンサー様

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

 

言わなくても私のことわかってよ!

 

こんなこと思ったことある女性の方いませんか?

 

 

なんでこんな会話が飛びまくってるのに女性は会話が楽しく続くんだ?

 

こんなこと思ったことある男性の方いませんか?

 

 

で、この後に結局感情的になって男女間で喧嘩になったことありませんか?

私は結構な頻度で言い合いをしてきました。

 

 

私のブログをよく読んでくださる人は知っているかと思いますが、絶世の美女と婚約しております🔍

 

 

 

どんな美女と一緒にいても喧嘩や言い合いをしていて気持ちの良い人はそういないですよね。

 

しかし、相手の脳の仕組みを知ることで相手の動き・思考の予想、推測ができるようになります。

 

 

ここで最も言いたいことは男性脳・女性脳どちらも勉強しておくことで

Run

あ.

この方は○○脳の可能性が高いから、こんな話し方をすればトラブルは避けられるかもしれない

 

 

こんな風に知っておくことで避けられるトラブルがあるし、相手の考えを理解できるから自分が過度に心的消耗をしなくてよくなります。

 

 

本記事では

男性脳⇨女性脳の順で考え方の特徴を一部書いていきます。

 

 

男性と女性の違いではなく、脳の仕組みの話なので、男性で女性脳の傾向が強い人もいますし、その逆もあるし、どちらも備えてるけど傾向的にどっちかの方の割合が多い。

なんて方もいるので、あくまで参考程度がいいです。

そして、本記事で書いている傾向を見ながら、どのようにコミュニケーションをとるとイレギュラーを防げると思うか考えながら読んだら効果は高いので挑戦してみてください。

 

 

以下の本を参考にしているので、さらに学んでみたい気持ちが湧いてくれば購入して深めてみるのもいいでしょう!

 

 

ではいきましょう。

 

まずは当たり前の基本をできるようになろう

目を見て挨拶

 

誰でも知っていますよね。

就学前に言われることです。

 

 

やはり下を向いてボソッと挨拶するよりは目を見て明るく挨拶した方が相手には良いイメージがつきます。
外見と同じくらい大切なことと言えるでしょう。

 

ハロー効果ってヤツです。

 

 

長く話すより短く話す

 

これも聴いたことあると思いますが、単純接触効果にも繋がっていて1つの話を長々と話すと相手にも飽きられれて聞いてくれませんし、良い気にもなりません。

 

 

相手から聞かれれ話す分には多少長くても悪くは思われないかもしれませんが、自分から話している分は私は細かく切って相手との会話の回数を増やす方が相手にも良い印象が長く話すよりはつきます。

 

 

ギブ&ギブの精神

 

キャラによるところはあるのですが、基本的にテイクの精神が先行しすぎると相手にされない場合が多いし、日本人は特に後ろめたい気持ちを持ちます。

どんどん相手のメリットになるようなことをすることで、いざ自分がしたいことがある時に助けてくれる方が出てくるものです。

 

 

もちろんそういうリターンを見通した行動になると周りにも見透かされるので注意しましょう。

人のために動いてみるのも楽しいものですよ!

 

 

DLyBW8KA

↑当ブログのスポンサー様

男性脳に見られる特徴

見た目や身の回りに関すること

 

☑︎黒青グレーを好む

☑︎物の順番・配置にこだわる

☑︎バッグのなかは綺麗

 

もの周りが綺麗なのは男性はモノタスクの方を好む傾向になるので、周りを綺麗にすることで物事1つに集中しやすい環境を徹底して作る傾向にあるということです。

 

 

言葉や心に関すること

 

☑︎優位に立ちたがる

☑︎モノタスク(一つのことに集中したい)

☑︎言ってほしい(言われた分だけ動く)

☑︎自分は自分(自分で解決したい)

☑︎最後は自分で決めたい

☑︎距離や方角を使って道案内をする(数字で表すのが好きだし理解しやすい)

☑︎物的欲望が強いのが男性

☑︎上司や後輩から評価を欲しがる

☑︎モノの具体的なスペックや機能が知りたい

☑︎他人をいじって笑いを取る

☑︎黙ったまま話を聞く

☑︎話を遮る

☑︎動詞がないと会話が続かない(明確な情報がほしい)

☑︎話の中心が自分

☑︎競争本能があって周囲よりも優秀だと思いたい欲求があり、理想が高い場合がある

☑︎行きつけに行きたがる

☑︎モノや人を専有したい

 

 

女性脳に見られる特徴

見た目や身の回りに関すること

 

☑︎赤緑などのカラフル系を好む

☑︎ゴチャゴチャしていてもある程度場所がわかっていれば問題ない

☑︎バッグのなかは汚い

 

男性脳と真逆ですね。

 

 

なぜ、周りが汚かったりごちゃごちゃしていても大丈夫なのかというと、周りにモノが溢れていても男性脳の人よりも気にならず、タスクに集中できるからです。

 

 

言葉や心に関すること

 

☑︎共感する・シェアする

☑︎最後まで決めてほしい

☑︎マルチタスクができる

☑︎気づいてほしい・名詞だけでも会話が続く(全部言わなくても察してほしい)

☑︎拡大思考(過去のことを掘り返しては未来のことも断定する)

☑︎自己関連付けしやすい

 

 

何よりも人間関係が大切

 

☑︎評価は欲しいけど「みんなに可愛いって言われるかな?」のように人間関係に依存する
☑︎「誰が使っているか」「どういう人向けか」という人に関することに注目する

☑︎自虐ネタで笑いを取る

☑︎同意しながら話を聞く

☑︎話の中心が私たち

☑︎同世代、身近な仲間に褒められると嬉しい

☑︎声色で相手の感情を読み取りやすい

☑︎新しさや得を求める

 

 

男女共通して知っておくべきこと

チームを組むときは男女混ぜて行うべき

 

上記にたくさん書いてきたように、男性脳・女性脳でかなり思考の仕組みやパターンが違います。

なのでどちらかに偏ってしまうと、自分たちにとって気持ちがいい話し合いや策が出なくて質の高いディスカッションができなくなる可能性が高いので、男女混ぜてチームは組むべきでしょう。

 

 

人は考えたくない生き物だから聞かれたときはチャンス

 

一択の提供になってしまうと、相手に強制感を感じて嫌な思いをさせたり、結局決断に至らない可能性が出てくるので、
できれば三択にするのが好ましいです。

 

 

逆に選択肢を増やしすぎてしまうと、これまた決断に至らないので注意が必要。

 

そして女性脳であるならば最後まで決めてあげるのもアリですし、男性脳ならば選択肢を狭めた上で最後の決定は相手に任せると違和感が出ることが少ないです。

 

 

実生活でどう活かすのか

アンケートを取るとき

 

男性には「あなたの率直な意見が今後のセミナーをよくします」

女性には「友達に勧めたくなるような感想等がありましたら書いてください。また反対の場合にはその理由もかいてください」

 

 

このように、男性の場合は、直接的に関与することでアンケート先に「あなたの力のおかげで助かる」というような優位性を伝えます。

 

女性の場合は、「身の回りを巻き込む」ような伝え方をします。

 

 

相手の意見を聞き取るとき

 

①目線を合わせる

②オススメする時は背を高くして話す

③女性相手の場合は写真やイラスト、拡散型トーク

例)AもBもCもあるよ

④相手の場合はデータや数字を重視する、一点集中トーク

例)A.B.Cとありますが特にAが手厚いです

⑤ラインで広い行間が開けられたときは、無言の感情が込められている。(共感性や反感)

 

 

女性に注意するとき

 

女性に注意する時は「今」を指摘して「過去」は褒めて「未来」にネガティブにならないようにしましょう。

「今」だけに集中させることが大切。

 

褒めるなら過去の過程と、これからの未来の安心感を伝えるといいです。

 

 

面接の場合

 

相手が男性、女性で複数人いる場合は、中心となっている人の脳に合わせて話すといいです。

 

中心人物がわからないときは、女性脳的な話をするときは女性の方を向いて話す。
男性脳的な話をする場合は男性の方を向いて話すと、それぞれに対応がきいてウケはよくなりやすいと言われています。

 

 

異性脳を手に入れるワークとは

 

最後に異性脳を身につけるちょっとした習慣を紹介します。

上記にすでに紹介しているので、書いてあることに沿ってハードルの低いところから挑戦すればいいんですけどね!

 

 

男性脳なら
⇨人混みの中で周囲の会話に耳を傾ける練習

聖徳太子のような気持ちになる

女性脳なら
⇨なぜ直感で選んだのか論理的に考える習慣を身につける

 

 

このように反対の性質側の練習をすることで多様性は生まれると思うし、改めて自己理解に繋がる良い学習になるので、慣れてない生活習慣や思考を時々やってみるとこは重要だと捉えています。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか。

脳科学や心理学を勉強すると卑しい印象を持たれることもあるのですが、全くです。

 

 

・無駄なストレスがなくなる

・怒ることがなくなる

・自己、他者理解に繋がる

 

 

など良いことだらけです。

思考することが多くなるので頭が疲れますがね。。

 

 

参考書もかなり読みやすいので是非手にとってみてください!

今日は読んでいただきありがとうございました!

 


↑このブログのスポンサー様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。