福岡の国際協力に興味ある学生は来るべき場所を紹介しよう


↑このブログのスポンサー様

The following two tabs change content below.
Run

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。

 

こんにちは。Runです(@zambian_run)

 

国際協力に興味あるんだけど何していいか分かりません

 

実は良くある質問なんですよね。

 

そんな方々に私は言いたい。

Run

まずは自己理解と情報を浴びまくれ

と。

 

 

今回紹介するNGO福岡ネットワーク FUNNさんは、先程のあるある質問にドキッとした”あなた”の悩みの解決を後押ししてくれる場所です。

 

 

先日NGO福岡ネットワーク FUNNさんからトークイベントの依頼を受けたので、当日話した内容も含めてどのような場所か紹介していけたらなと思ってます。

それではいきましょう!

 

こんな人に読んでほしい

 

☑︎国際協力に興味あるけど何していいか分からない人

☑︎海外が好きな人と話してみたい人

☑︎ガチで国際協力したい人

 

こんな人たちに届けばいいなと思います。

 

補足

本記事は私の主観から生まれた意見と、NGO福岡ネットワーク FUNNさんの公式ツイッターやウェブサイトを参考に書いています。

 

NGO福岡ネットワーク FUNNってどんな場所?

 

 

まずNGO(Non-Governmental Organaization)とは

 

開発・環境・人権などの幅広い分野において、国際協力活動を行っている市民団体のことを指し、行政や企業とは違い幅広い市民の活動をさしています。

 

NGO活動は営利を目的としたものではなく、社会課題の解決を第一の目的として活動しています。

 

FUNNの事業内容

  1. NGOの活動や運営に関する支援
  2. 国際協力に関する調査・提言
  3. 国際協力に関する情報・学習機会の提供
  4. NGO活動に関する人財育成
  5. NGO間および各種団体との連携促進

 

FUNNでは、一人でも多くのみなさんに国際協力やNGOの活動を知っていただいたり、体験していただくためにボランティアを募集しています。

 

ボランティアは英語のvolunteerが日本語になった言葉。その意味は自主的、自発的に行うということ。

自分からしようという気持ちを行動につなげてみよう! これが、FUNNのボランティア活動で大事にしている点です。

 

 

具体的には、ニュースレターの発送作業や各種イベントの企画、運営など様々な活動があります。全てではなくとも、それぞれできる時間で、それぞれできることを行う、これが継続できるヒケツかもしれません。

 

また、活動へのアシスタントを通してNGO活動を学ぶインターンを募集しています。

 

インターンでは、スタッフと共に仕事に携わりながら、NGOの活動、問題意識、働き方等を学ぶことができます。

「NGOは日々どんな仕事をしているのか」「NGOはどのような役割を持っているのか」「スタッフはなぜNGOで働いているのか」といった疑問もインターンを通して学ぶことができます。

〜FUNNホームページ参照〜

 

FUNNの特徴

 

・長期を基本(詳細は相談可)としているのでじっくり関わることができます。

・組織規模が小さいので自分の担当する仕事以外のことも学ぶことができます。

・教えられたことだけでなく自主的に新しいことに取り組むことができます。

・アットホームな雰囲気で賑やかに活動することができます。

〜FUNNホームページ参照〜

 

NGO福岡ネットワーク FUNNでのトークイベントは何話したの?

 

 

 

タイトルは【国際協力×発信】

 

個人的には進路に悩む学生あたりに届けばいい

 

そんな思いを込めてスライドを作ってました。

すると、、、

なんと、、、、

お客様の平均年齢55歳より上くらいだった!!!!!(独断と偏見の予想)

 

 

しかもjicaやngo関係者もいる、、、

 

 

私。

始まる前からビビってます(任短した分際だから)

 

 

とは言え、言いたいことは言う。

人のためにと引き受けた仕事ですから自信を持って話させていただきました。

 

ざっくりした内容

 

⓪何のために私の話を聞きにきたか質問タイム

①協力隊応募したキッカケ含む自己紹介

②ザンビアってどんなとこ?

③派遣中の実践と悩み

④発信の重要性

⑤発信するときのコツ

 

 

この辺りを密に。

 

 

終わっての感想

 

自分の話しが終わった後に参加してくださった方から感想をいただきました。

 

正直なところ、、学生や若い層に向けた内容だったので何言われるかわからんくらいビクビクしてましたが蓋を開けてみると

 

「発信や魅せ方は今国際協力の関係者の課題だからとても参考になった」

「今の若い人たちの生き方を知れてよかった」

「歳とったからわからないじゃなくてもっと今を勉強していく必要があると思った」

 

という感じで好評をいただけたので一安心でした。

 

もしかしたら、今度は企業や団体に向けて話す機会をいただけるかもしれません。

 

光栄な話ですよね。

 

ということで、本記事は以上になります。

 

Runの話聞いてみたい!!

 

 

そう思ってくださった方は3月30日に東京でイベントをするのでコチラの記事を読んでみてください。

また、アフリカでの話、協力隊の話が気になる人コチラの記事を読んでみてください!

 

 

今日は読んでいただきありがとうございました!!


↑このブログのスポンサー様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Run

発信内容→【小学校教育/ライフハック/世界旅/恋愛】 教員採用試験合格を辞退してザンビアで教員やってます。 価値主義を伝える教育・デザイン・仮想通貨・映像等を勉強中。 好きだけで生きることを証明中。 23歳ぶっ飛んでいきます。